竹山博英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹山 博英(たけやま ひろひで、1948年 - )は、日本のイタリア文学者、立命館大学文学部教授を経て立命館大学名誉教授。

東京都生まれ。1978年、東京外国語大学ロマンス系言語専攻修士課程修了。ローマ大学でイタリア現代文学と民俗学を学ぶ。プリーモ・レーヴィイタロ・カルヴィーノカルロ・ギンズブルグなどを多数翻訳、イタリア映画の批評、シチリア・マフィア研究を始め、中世から現代に至るイタリア民衆の文化、宗教的建造物、組織犯罪などの調査・文献研究を行った。

2005年、『ローマの泉の物語』でマルコ・ポーロ賞を受賞。2008年「イタリアの記念碑的墓地」で立命館大学文学博士(著者プロフィールより)。

著書[編集]

  • シチリア 神々とマフィアの島 朝日選書 1985.9
  • マフィア シチリアの名誉ある社会 朝日選書 1988.10
  • マフィア戦争 ナポリ・カラブリア・シチリアをゆく 集英社 1991.7
  • マフィア・その神話と現実 講談社現代新書 1991.2
  • シチリアの春 世紀末の文化と社会 朝日選書 1994.6
  • ローマの泉の物語 集英社新書 2004.8
  • イタリアの記念碑墓地 その歴史と芸術 言叢社 2007.6
  • プリーモ・レーヴィ アウシュヴィッツを考えぬいた作家 言叢社 2011.1

翻訳[編集]

  • 宇宙人の痕跡 ピーター・コロシモ 大陸書房 1973
  • 生まれなかった子への手紙 オリアーナ・ファラーチ 講談社 1977.6
  • アウシュヴィッツは終わらない あるイタリア人生存者の考察 プリーモ・レーヴィ 朝日選書 1980.2
    • 改訂完全版 これが人間か 朝日選書 2017.10
  • 父 パードレ・パドローネ ある羊飼いの教育 ガヴィーノ・レッダ 平凡社 1982.8。朝日選書 1995.6
  • 現代イタリア幻想短篇集 カルヴィーノ他 世界幻想文学大系 第41巻 国書刊行会 1984.3
  • フェリーニ 映画を語る フェデリコ・フェリーニ、ジョヴァンニ・グラッツィーニ 筑摩書房 1985.11
  • ベナンダンティ 16-17世紀における悪魔崇拝と農耕儀礼 カルロ・ギンズブルグ せりか書房 1986.2
  • 真昼のふくろう レオナルド・シャーシャ 朝日新聞社 1987.4
  • 神話・寓意・徴候 カルロ・ギンズブルグ せりか書房 1988.10
  • ベルトルッチ、クライマックス・シーン ベルナルド・ベルトルッチ 筑摩書房 1989.11 (リュミエール叢書)
  • 周期律 元素追想 プリーモ・レーヴィ 工作舎 1992.9 ISBN 4-87502-204-2
  • 今でなければいつ プリーモ・レーヴィ 朝日新聞社 1992.10
  • 闇の歴史 サバトの解読 カルロ・ギンズブルグ せりか書房 1992.11
  • 映画監督という仕事 フェデリーコ・フェリーニ、リータ・チリオ 筑摩書房 1996.3 (リュミエール叢書)
  • 休戦 プリーモ・レーヴィ 朝日新聞社 1998.8。岩波文庫 2010.9
  • アレクサンドリア図書館の謎 古代の知の宝庫を読み解く ルチャーノ・カンフォラ 工作舎 1999.6 ISBN 978-4-87502-311-1
  • 溺れるものと救われるもの プリーモ・レーヴィ 朝日新聞社 2000.7。朝日選書 2014.6
  • マフィアとの死闘 生き残った検事の手記 ジュセッペ・アヤーラ、フェリーチェ・カヴァッラーロ 日本放送出版協会 2000.2
  • ピノッキオの眼 距離についての九つの省察 カルロ・ギンズブルグ せりか書房 2001.10
  • 天国と地獄の百科 ヴィジュアル版 天使・悪魔・幻視者 ジョルダーノ・ベルティ 柱本元彦共訳 原書房 2001.4
  • リリス アウシュヴィッツで見た幻想 プリーモ・レーヴィ 晃洋書房 2016.1
  • キリストはエボリで止まった カルロ・レーヴィ 岩波文庫 2016.10