立花種周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
立花 種周
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享元年8月8日1744年9月14日
死没 文化6年10月15日1809年11月22日
別名 勝之助(幼名)、種周
戒名 竜譚院殿寒月紹清大居士
墓所 東京都台東区下谷の広徳寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府 大番頭→寺社奉行兼奏者番
→若年寄→蝦夷地総監
筑後三池藩
氏族 立花氏
父母 父:立花長煕、母:堀直英の娘・法明院(於豊)
兄弟 弥七郎、種周、勝次郎、長堅安部信旨
種武堀直皓
正室:稲葉正益の娘・泉流院(於悦)
種徳、政之助、豊三郎、種善種道種実
娘(堀直興正室)、
娘(杉浦正直正室、のち池田長休正室)

立花 種周(たちばな たねちか)は、筑後三池藩の第6代藩主。

生涯[編集]

延享元年(1744年)8月8日、第5代藩主・立花長煕の次男として生まれる。長兄の弥七郎が早世したために世子となり、宝暦12年(1762年)9月26日の父の隠居で家督を継いだ。同年12月18日、従五位下、出雲守に叙任する。

藩政においては三池炭鉱の整備、寺社政策などに尽力して藩政の全盛期を築き上げた。

幕閣での事跡[編集]

寛政元年(1789年)に大番頭、寛政4年(1792年)に奏者番寺社奉行、寛政5年(1793年)に若年寄となり、寛政の改革に参与した。寛政11年(1799年)には蝦夷地総監に任じられ、近藤重蔵を登用して国後島択捉島などの探検を援助した。

しかし幕政改革の一環である大奥の改革をめぐって老中松平定信松平信明派と将軍徳川家斉・大奥などの一橋派が抗争し始めると、種周は一橋派に与して信明に敗北したため、文化2年(1805年)11月19日に若年寄を解任されて失脚し、12月27日には四男・種善に家督を強制的に譲らされた上、蟄居を命じられた。

下手渡への転封[編集]

その後、立花家は種善の時代に陸奥下手渡藩に左遷されることとなり、種周も下手渡に移ってから間もなくの文化6年(1809年)10月15日に死去した。享年66。

関連項目[編集]