立花種善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
立花 種善
時代 江戸時代後期
生誕 寛政6年1月19日1794年2月18日
死没 天保3年12月25日1833年2月14日
改名 順之助(幼名)、種善
官位 従五位下、和泉守、豊前
幕府 江戸幕府
筑後三池藩主、陸奥下手渡藩
氏族 立花氏
父母 父:立花種周
兄弟 種徳種善種道種実
正室:堀直皓の娘
5男3女:種温寛愷(次男)、娘(京極高福室)

立花 種善(たちばな たねよし)は、筑後三池藩の第7代藩主、のち陸奥下手渡藩の初代藩主。

生涯[編集]

寛政6年(1794年)1月19日、三池藩第6代藩主・立花種周の四男として生まれる。四男だったが、兄の種徳が早世したために世子となる。

文化2年(1805年)12月、幕閣での政争に敗れた父の隠居により、跡を継いだ。しかし、種周が若年寄在任中に幕府の機密情報を漏洩させたということから、さらに罪を問われて、文化3年(1806年)6月5日に陸奥下手渡に移封された。しかし、種善は新たな領地において藩政を確立させたという。

天保3年(1832年)12月25日に江戸で死去した。享年39。長男・種温が跡を継いだ。墓所は福島県伊達市の耕雲寺。