突撃!!ファミコンウォーズVS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
突撃!!ファミコンウォーズVS
Battalion Wars 2
ジャンル 戦略ウォーアクション
対応機種 Wii
開発元 Kuju Entertainment
発売元 任天堂
人数 オフライン時 1人
オンライン時 2人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 2008年5月15日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI12
OFLC:M(Mature 15+)
USK:16歳以上対象
GRB:12-(12歳未満提供禁止)
コンテンツ
アイコン
暴力
売上本数 日本の旗約7万本
テンプレートを表示

突撃!!ファミコンウォーズVS』(とつげき!!ファミコンウォーズバーサス)は、任天堂から2008年5月15日に発売のWiiゲームソフト突撃!!ファミコンウォーズ(GC)の続編であり、開発は前作同様に「Kuju Entertainment」が担当した。北米では、2007年10月29日に発売された。欧州では、2008年2月15日に発売。

概要[編集]

前作のストーリーを引き継いでいるが、本作では、登場する国家が増え、海軍のユニットが加わった。また、ストーリーモードでは、ミッションごとに定期的に操作する国が変わり、エキシルバニアを除く全ての国のユニットを操作することができる。

また、Wi-Fi通信(ニンテンドーWi-Fiコネクション)により協力プレイ、対戦が可能になっている。

ストーリー[編集]

200年前[編集]

ライトニング戦争が勃発。フェロック卿率いるアイアンレギオン公国(後のエキシルバニア帝国)は、強大な武力で他の国々を押さえつけていた。その中で抵抗を続ける国が1つだけあった。それは「ソーラーエンパイア国」。ソーラーエンパイア軍はアイアンレギオン公国の本拠地に攻め入ることは出来たものの、圧倒的な武力の前では歯が立たず膠着状態に陥っていた。

そこで、古代ソーラーエンパイア国のリーダーであるクァ=レン女帝は最終手段として、ある兵器を使う作戦を実行し、アイアンレギオンをこの世から葬り去った。その恐るべき兵器は誤った者の手に渡らぬようにと、クァ=レン女帝自らどこかへ隠したという…。

30年前[編集]

ツンドラ国のゴルギ大帝率いる軍勢がウエスタンフロンティア国に侵攻。ハーマン将軍はこれを迎撃する。 この2国が激しい戦闘を繰り広げる戦場の近くで、エキシルバニア軍は何かを探索していた…。

現在[編集]

エキシルバニア帝国のリーダーであるブラッド皇帝は、長い間練り続けた戦略で世界を侵略しようとした。しかし、ウエスタンフロンティア国、ツンドラ国、ソーラーエンパイア国の抵抗により、エキシルバニア帝国の侵略は失敗に終わり、世界は平和な時を過ごしていた。

だが、そんな平和な世界にある噂が駆け巡る。「ソーラーエンパイア国が秘密兵器を作りだした」。その噂により、世界は再び戦争へと動き出した…。

登場する国家[編集]

ウエスタンフロンティア(Western Frontier)
イメージカラーは
正義を重んじ、悪を憎む分別のある国で、世界平和のために活動している(ただしハーマン将軍は好戦的)。
ツンドラ国(Tundran Territories)
イメージカラーは
農業立国で、偵察車や戦車はトラクターに改造できることが特徴。
海軍はゴルギ大帝の時代では軽視されてきたが、現在のノバ政権では多額の予算が組まれるようになった。
30年前と、前作の時代はウエスタンフロンティア国と戦火を交えていたが、現在は停戦協定を結んでいる。
ソーラーエンパイア国(Solar Empire)
島国でイメージカラーは。モデルは日本だが、所謂「欧米人が考える日本」的なイメージ。
プラズマ兵器や超音速戦闘機など、科学技術では他国を大幅に凌駕している(ただし他国のユニットとの性能の差はほとんどない)。
司令官の名前や兵器の通称は日本語のもじりである。
古代ソーラーエンパイア国(The ancient Solar Empire)
200年前の「ライトニング戦争」の頃のソーラーエンパイア国。
人工衛星を打ち上げたり、プラズマ兵器を実用化するなど、すでにこの頃から高度な科学力を保有していた。
世界征服を目論むアイアンレギオン軍に抵抗し、幾度となく激戦を繰り広げ、最終的に「ある兵器」を使用してレギオン軍を壊滅させたと言われる。
エキシルバニア帝国(Xylvania)
衰退の進んでいる国家で、イメージカラーは
前作の戦いで痛手を負い、現在は世界への影響力は少ないが、ブラッド皇帝は何かを企んでいるとされる。
アイアンレギオン公国【古代エキシルバニア】(Iron Legion)※新
イメージカラーは
圧倒的な軍事力を誇り、世界征服を目論んで他国に侵略するが、古代ソーラーエンパイア軍に敗れて封印された。
アングロアイランド国(Anglo Isles)※新
イメージカラーは黄色
ソーラー軍が新兵器を開発したとの噂を聞き、先制攻撃をしかける。

登場人物[編集]

ウエスタンフロンティア軍
ベティー准将
前作と比べてグラマーな体型になった。髪型はポニーテールからロングヘアーになり、ヘルメットをかぶっている。
ハーマン将軍
前作と比べて日焼けした。
オースティン大佐(Wi-Fiのみ)
肌が少し黒い男性。冷静なところを作戦会議時にネリー少佐に惚れられ、現在交際中。今作にはほとんど出番がない。
ツンドラ軍
ノバ元帥
髪が白い青年。正義感が強い。
ゴルギ大帝
今作は霊体として登場する。
ネリー少佐(Wi-Fiのみ)
大柄な体格が特徴的な女性。今作ではオースティン大佐と交際している。
ソーラーエンパイア軍
レイ=クォ女帝
黒髪ロングヘアな女性。戦争を好んでないらしく、ア=クィラ提督がアングロアイランドに進行しようとするときに、彼を止めていた。
ア=クィラ提督※新
短髪の青年。サムライ口調。
古代ソーラーエンパイア軍
クァ=レン女帝※新
エキシルバニア帝国
ブラッド皇帝
頭がハゲている老人。前作で敗北して以来おとなしかったが、裏で密かに世界をうごかしていた。年の割に頭がよくてまだまだ現役。
ウーベル司令官
服が青からオレンジに変わっている。
アイアンレギオン軍
フェロック※新
中世の鎧のようなものを身にまとったアイアンレギオン公国の指導者。世界完全征服まであと一息のところだったが、古代ソーラーエンパイア軍の「ある兵器」によりレギオン軍ごと死亡。
アングロアイランド軍
ウインザー大佐※新
モノクルとベレー帽が特徴の老人。
ピアース指揮官※新

新ユニット[編集]

海上ユニット[編集]

輸送船
プレイヤーが操作不可なユニット。ユニットの輸送をする。
戦艦
 長射程高火力の砲撃能力を有し、陸地に対しては敵に近づかれない遠距離から一方的に攻撃できる。対艦攻撃に強いが爆撃機と潜水艦には弱い。
潜水艦
魚雷を装備したユニット。潜水中は、フリゲート艦と潜水艦にしかロックオンされない(ロックオンされないだけで、無理矢理攻撃を当てる事はできる)。潜水中は酸素ゲージを消費し、無くなると耐久力が下がっていく。
フリゲート艦
対空ミサイルと潜水艦に対してのみ有効な爆雷を装備したユニット。海軍ユニットの防衛の要。
超ド級戦艦
戦艦の強化版。戦艦よりも火力、装甲共に向上している。戦艦と同じく爆撃機と潜水艦に対しては弱い。

ユニットの変更[編集]

当シリーズでは、対空ミサイルは地上ユニットに当たりにくいという設定があるが、前作では当たりにくいだけで、当てることさえできれば、かなりダメージを与えることができていた。そのため、ミサイル兵や対空戦車が対地問わず強力なユニットになりがちだったが、今作では、対空ミサイルの地上ユニットに対する攻撃力が大幅に削られたため、前作のようなゴリ押しが不可能となった。

また、前作で砲塔が回らないため操作が困難だったグレートタンクは、砲塔が回るように変更された。主砲は自走砲のように放物線を描くようになった。さらに、二連装主砲×1、副砲×2、重マシンガン×3の全てに予測射撃機能が搭載されたため、高速で動くユニットでも回避が困難となり、天敵であるはずの戦闘ヘリでも簡単に撃ち落とされてしまう場合がある。

施設[編集]

司令基地
兵士ユニットを生み出す。(ミッションによる)
兵舎
兵士ユニットを生み出す。
工場
車両ユニットを造る。
エアベース
飛行ユニットを造る。
ドック
海上ユニットを造る。(アイアンレギオン公国を除く)

外部リンク[編集]