穂井田忠友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
穂井田忠友/岡田為恭

穂井田 忠友(ほいだ ただとも、寛政3年1月23日1791年2月25日) - 弘化4年9月19日1847年10月27日))は江戸時代後期の国学者考古学者。通称は久間次郎、のちに靫負また縹助・元次郎・源助と改めた。蓼莪と号する。

生涯[編集]

備中国下道郡新本村(現・岡山県総社市)出身の小原東作の次男として生まれる。生地は三河国額田郡山中村とも言われるが不明[1]摂津国にある生玉神社の社司の養子となる。駿府平田篤胤に入門して国学を学び、のちに京都藤林普山について西洋医術を学ぶ。また香川景樹の門に入り、歌人として桂門四天王あるいは桂門十哲に数えられる。禁奥付武家・梶野良材の庇護をうけ、天保2年(1831年)梶野が奈良奉行になると、随従して奈良に移り、天保4年(1833年)より天保7年(1836年)にかけての正倉院宝庫修理の際は、器物・文書の調査を許され、『正倉院文書』正集45巻の整理に従事し、奈良時代の貴重な史料をはじめて世に紹介した。晩年は京都に住み、医術で生計を立てた。伴信友新庄道雄赤尾可官松岡帰厚鈴鹿連胤竹尾正寛羽田野敬雄御巫清直らと交流し、特に奈良時代の考証に詳しいことから「ならや」と呼ばれる。57歳で没する。誓願寺京都市中京区)に墓がある。

逸話[編集]

正倉院御物を見る便宜を得るために、忠友は一人娘を梶野良材の側室にした。森鴎外はこのことを「少女をば奉行の妾に遣りぬとか 客よ黙あれ あはれ忠友」と和歌に詠み、森銑三は「最愛の女を敢えて日蔭者にした、その熾烈な研究心に無言の敬意を表したい」と同情している[2]

著作[編集]

  • 『中外銭史』
  • 『文氏墓誌考実』
  • 『埋麝発香』
  • 『観古雑帖』
  • 『高ねおろし』
  • 『続日本紀問答』
  • 『御位記略注』『玉襷改竄』『扶桑国考』『皇朝古印譜』…自筆本
  • 『寛永銭譜』『東大寺正倉院宝物図考証』『名蹟臆断』『万葉地名考』『新十六夜日記』『続日本紀通証』…伝存不明

著作集[編集]

参考文献[編集]

  • 弥富浜雄編『穂井田忠友家集附小伝』(歌文珍書保存会、1911年)
  • 橋木進吉「穂井田忠友の伝記資料」(『橋本進吉博士著作集〈第12冊〉伝記・典籍研究』所収、岩波書店、1972年)
  • 皆川完一「正倉院文書の整理とその写本 ―穂井田忠友と正集―」(坂本太郎博士古稀記念会編『続日本古代史論集』所収、吉川弘文館、1972年)
  • 簗瀬一雄「穂井田忠友研究序説」(『古代文化』39-3、古代学協会、1987年)
  • 多治比郁夫「穂井田忠友雑記」(『大阪府立図書館紀要』26、1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 森銑三 『偉人暦 続編』 中公文庫、1997年、下・267p。
  2. ^ 森銑三 『偉人暦 続編』 中公文庫、1997年、下・266p。