稲田三之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲田三之助

稲田 三之助(いなだ さんのすけ、1876年明治9年)5月2日[1]1952年昭和27年)2月18日[2])は、日本逓信官僚早稲田大学教授錦鶏間祗候

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]1900年(明治33年)、東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業[1]。通信技手、逓信技師、新潟郵便局工務課長、通信局工務課長などを経て、1925年大正14年)に逓信省工務局長に就任した[1]

退官後、1932年(昭和7年)9月27日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3][4]。その他、早稲田大学理工学部教授を務めた[3]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『五十年間に於ける電話の発達』(日本逓信学会、1928年)
  • 『電信工学』(工学全集刊行会、1933年)

親族[編集]

  • 稲田龍吉 - 兄[1]。細菌学者。九州帝国大学教授、東京帝国大学教授。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  2. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、38頁。
  3. ^ a b 人事興信録 第12版 1939.
  4. ^ 『官報』第1725号、昭和7年9月28日。
  5. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
学職
先代:
渋沢元治
電気学会会長
12代:1925年 - 1926年
次代:
立原任