秩父鉄道ホキ1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東武ホキ1形貨車 > 秩父鉄道ホキ1形貨車
秩父鉄道ホキ1形貨車
基本情報
製造所 富士重工業
製造年 1969年(昭和44年)
製造数 2両
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
荷重 30 t
テンプレートを表示

秩父鉄道ホキ1形貨車(ちちぶてつどうホキ1がたかしゃ)は、秩父鉄道に在籍する事業用貨車ホッパ車)である。

概要[編集]

1969年(昭和44年)富士重工業製の東武鉄道ホキ1形ホキ9, ホキ10を1990年(平成2年)に譲り受け、ホキ1形1, ホキ2としたもの。国鉄ホキ800形貨車とほぼ同型で、保線砂利運搬に使われる。普段は皆野駅広瀬川原車両基地広瀬川原駅)に留置されていることが多い。なお、東武ホキ1形は秩父鉄道以外にも上毛電気鉄道茨城交通にも譲渡されている。