秋田盛季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
秋田盛季
Akita Morisue.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 元和6年(1620年
死没 延宝4年1月13日1676年2月26日
改名 久松(幼名)→盛季
別名 左近(通称)
戒名 陽雲院殿竜天蒼松大居士
墓所 福島県田村郡三春町荒町の高乾院
官位 従五位下、安房
幕府 江戸幕府
陸奥三春藩
氏族 秋田氏
父母 父:秋田俊季、母:永寿院(松平信吉の娘)
兄弟 盛季季久新庄直長正室、植村忠朝正室
正室:正寿院安藤重長の娘)
輝季、娘(伊東祐実正室)
テンプレートを表示

秋田 盛季(あきた もりすえ)は、陸奥三春藩の第2代藩主。秋田家第4代当主。秋田俊季の長男。

慶安2年(1649年)、父の死により家督を相続した。遺領のうち、5,000石を弟の季久に分知した。延宝4年(1676年)に死去、享年57。跡を次男の輝季が継いだ。