秋亜綺羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋 亜綺羅(あき あきら、1951年1月23日 - )は、日本詩人随筆家

略歴[編集]

宮城県仙台市生まれ。宮城県仙台第三高等学校卒、早稲田大学中退。18歳のとき、受験雑誌に投稿したすべての詩が特選。選者は寺山修司だった。詩集『海!ひっくり返れ!おきあがりこぼし!』(1971年)を発表。1977年6月、高取英らと詩の理論と方法論の実験誌「0ff*0ff*t0ky0!」(ぱあぷる・ふいるむ社)を創刊。27歳で仙台に戻り、ジャンルを超えたイベントの企画などを手がける。1980年、斉藤文春らと批評総合誌「SENDAI IN」を発行。『透明海岸から鳥の島まで』で第22回丸山豊記念現代詩賞受賞[1][2]。寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう』(角川文庫)に高校時代に書いた「百行書きたい」が掲載されている。また、2018年に発行された四方田犬彦福間健二編『1968 [2] 文学』(筑摩書房)のアンソロジーには、吉増剛造三島由紀夫らの作品とともに、19歳のときに書いた詩が所収されている。2009年より個人誌「季刊ココア共和国」を刊行。2020 年から佐々木貴子が加わり「月刊ココア共和国[3]」(電子書籍と紙の本)をあきは詩書工房[4]より創刊。「歴程」同人。日本現代詩人会前理事長。日本文藝家協会会員。

著書[編集]

  • 『海!ひっくり返れ!おきあがりこぼし!』戦前派出版 1971
  • 『透明海岸から鳥の島まで』思潮社 2012
  • 『ひよこの空想力飛行ゲーム』思潮社 2014
  • 『ひらめきと、ときめきと。 詩の絵本』あきは書館 2015
  • 『言葉で世界を裏返せ!』土曜美術社出版販売 2017

脚注[編集]

外部リンク[編集]