佐々木貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 貴子(ささき たかこ、1970年7月10日 - )は、日本詩人同姓同名俳人1979年生まれ)とは別人。

略歴[編集]

岩手県盛岡市生まれ。岩手大学卒業。上越教育大学大学院修了。兵庫教育大学大学院修了。学校教育学博士。2009年から2016年まで、やなせたかし責任編集「詩とファンタジー」(かまくら春秋社)において、詩とイラストとのコラボレーションとして、宇野亞喜良葉祥明[1]味戸ケイコ灘本唯人蓬田やすひろ、北見隆、藤本将、君野可代子、平岡瞳[2]、杉山巧[3]など、複数のイラストレーターによる書き下ろしのイラストとともに詩が掲載になる。2012年、「詩とファンタジー」詩部門大賞受賞。2017年、秋亜綺羅発行「季刊 ココア共和国」(あきは書館)に小詩集「学校の人」を発表。同年、第26回詩と思想新人賞受賞[4][5] (土曜美術社出版販売)。2018年、「季刊 びーぐる」(澪標)において第7回「びーぐるの新人」に選出される。同年、詩と思想新人賞叢書として『嘘の天ぷら』[6](土曜美術社出版販売)を刊行。2019年、 第30回歴程新鋭賞を受賞[7]秋亜綺羅らと、あきは詩書工房[8]発行「月刊ココア共和国」[9](電子書籍と紙の本)を編集。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]