神楽坂淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神楽坂 淳
ペンネーム かぐらざか あつし
誕生 1966年????
日本の旗 広島県
職業 小説家漫画原作者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1996年 -
ジャンル ライトノベル
時代小説
代表作大正野球娘。
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

神楽坂 淳(かぐらざか あつし、1966年[1] - )は、日本小説家広島県出身[1]

経歴[編集]

2007年に『大正野球娘。』(トクマ・ノベルズedge)でデビュー。

人物[編集]

食べ物に造詣が深く[信頼性要検証]、カレー・寿司・焼肉が好物である[2]。 児童書を出版している集英社みらい文庫では小学生向けの三国志を執筆している。漫画原作も担当しており、シナリオを提供している。

多くの参考文献を基に、緻密な時代考証や膨大な蘊蓄を盛り込んだ作風を特徴とする[1][信頼性要検証]

作品一覧[編集]

小説[編集]

漫画原作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 神楽坂 淳『うちの旦那が甘ちゃんで』シリーズ 特設サイト”. 講談社文庫. 講談社. 2019年9月18日閲覧。
  2. ^ 第61回 神楽坂淳さん”. スーパーダッシュ文庫. 集英社. 2013年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月22日閲覧。