神服神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神服神社
Kamihatori01.jpg
所在地 大阪府高槻市宮之川原元町2-25
位置 北緯34度51分59.8秒
東経135度36分0.6秒
主祭神 樋之速日命・麻羅宿爾・素盞鳴尊
社格 式内社 小社
例祭 5月5日
テンプレートを表示

神服神社(かむはとりじんじゃ)は、大阪府高槻市宮之川原元町に鎮座する神社。現在は、”しんぷくじんじゃ”と呼ばれている。延喜式神名帳にある摂津国島上郡三座の一つで小社。

祭神[編集]

歴史[編集]

本殿

神社の北西、塚脇にある古墳群の「服部連塚」と「御女塚」が服部連の夫婦墓とされ、この地の服部が祖神を祀って服部神社と称していたが、延喜年間(901年~923年)に神服神社と改めた。 維新まで安岡寺の僧侶が社務をとっていた。、

  • 明治5年(1872年)郷社に列す。
  • 明治40年(1907年)11月に宮之原河原の春日神社・稲荷神社を境内に移す。
  • 明治41年(1908年)、塚脇の上宮神社、浦堂の若宮神社、大蔵司の神明神社を合祀[1]
  • 平成25年(2013年)改修工事完了(施工:[1]成喜建設株式会社)

境内社[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 吉井良隆 「式内社調査報告 第5巻」 (1977)全国書誌番号:78005760

外部リンク[編集]