神宮茶室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真の棟

神宮茶室(じんぐうちゃしつ)は三重県伊勢市皇大神宮伊勢神宮内宮)にある茶室である。

概要[編集]

宇治橋を渡った左手、神苑北端の五十鈴川と神宮司庁に囲まれた「紅葉苑」と呼ばれた地に建っている。

1974年(昭和49年)から1983年(昭和58年)まで財団法人伊勢神宮崇敬会の会長を務めた松下幸之助が茶室の献納を思い立ち、構想約10年を経過して実現した。 松下幸之助の米寿松下電器産業グループの創業65周年を記念して、1983年3月に建設に着手、「300年保ち、歴史的遺産となるものを」という要望から[1]、約2年間の工期と総工費約10億円をかけて1985年(昭和60年)4月に完成した。

構成[編集]

の3棟から構成される。

茶室の利用[編集]

神宮を訪れる賓客の接待や献茶式などで利用されるほか、伊勢神宮崇敬会の行事で年3回早朝参拝・神楽の奉納と共に神宮茶室での呈茶が行われる。 また、年2回行われる春・秋の神楽祭期間中、茶庭からの外観と大腰掛待合が一般に無料公開されている(ただし、雨天中止)。

沿革[編集]

露地と草の棟 霽月

竣工式[編集]

1985年4月11日の竣工式には、神宮少宮司慶光院俊、松下電器産業の社長山下俊彦を始めグループ関係者、茶道家元会会長代理で裏千家家元代理の千宗之容子(まさこ)夫妻、 伊勢市長の水谷光男らが出席、工事の完成に感謝して玉串を奉納、茶室の目録が神宮側に贈呈され、テープカットと茶室「霽月(せいげつ)」の除幕式が行われた。

工事概要[編集]

工事データ[編集]

  • 建物名称 - 神宮茶室
  • 所在地 - 三重県伊勢市宇治館町字上館1番地
  • 敷地面積 - 1,853.83 m2
  • 建築面積・構造
    • 茶室 - 354.3 m2 木造平家建
    • 大腰掛待合 - 15.14 m2 木造平家建
    • ポンプ小屋 - 10.41 m2 コンクリート造(一部木造)平家建
    • 外便所 - 3.67 m2 木造平家建

工事関連業者[編集]

  • 監理者 - 松下興産
  • 設計者
    • 土木設計 - 鴻池組
    • 建築設計 - 仙アートスタヂオ
    • 庭園設計 - 岩城庭園
  • 施工者

松下幸之助が献納・寄贈した茶室[編集]

松下幸之助は生前、京都東山の松下の別邸真々庵のほか、松下電器産業や松下政経塾など自身が関係した施設に茶室を建設。 のみならず、神宮以外にも日本全国各地に以下のような茶室を寄贈している。 松下の名にちなみの字が使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特集・神宮茶室で和敬静寂のひととき神宮会館崇敬会

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『神宮茶室造営工事覚帖』、 松下電器産業編著、 1985年。
  • 『昭和の会所 - 伊勢神宮茶室 霽月』<住宅建築別冊>-28、 和風建築社編、 建築資料研究社、 1987年。
  • 「立派な茶室が献納されます - 松下幸之助氏が米寿を記念して」『瑞垣』 第130号、46p、神宮司庁編、 1983年8月。
  • 「神宮茶室が完成-10億円、伝統文化の粋集め」『伊勢新聞』1985年4月12日、11面。

外部リンク[編集]