社会的余剰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会的余剰(しゃかいてきよじょう、: Social surplus)とは、消費者余剰生産者余剰、政府の税収の合計のことをいい、社会的厚生ともいう。

社会を構成する経済主体として消費者と生産者、政府を考慮し、それぞれの主体が市場取引により得る便益=余剰を合計したものである。経済活動の成果の効率性や、政策の効果を測る指標として利用される。大きいほど望ましい状態とされる。