等量曲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
等量曲線と効率性.png

等量曲線(とうりょうきょくせん)とは経済学用語の一つで、企業がある製品生産する場合に、2種類の代替可能な材料の投入量を表した曲線。例えば定められた量のを生産する場合に一定の購入エネルギーと木材を使用していたものの、片方の材料が不足するようになった場合には、代替でもう片方の材料を多く投入する事で生産を続けられるが、片方の不足量以上に多くの代替材料で埋め合わせる必要性が生じる場合のような双方の投入量を表示した曲線を等量曲線という。

外部リンク[編集]