生産者余剰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

生産者余剰(せいさんしゃよじょう,: producer surplus)とは、取引価格と生産者の限界費用との差額の和で、取引から得られる企業の便益を指す。

収入から変動費用を引いたものに一致するので、固定費用を無視した場合の利潤に等しい。

式で表すと、生産者余剰=(収入-変動費用)=(利潤+固定費用) となる。

二次元平面で表せば、供給曲線と取引価格を高さとする水平線との間の面積が生産者余剰となる。

これらの余剰は、消費税や輸出入などを考慮すると変化する。

関連項目[編集]