磁鉄鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磁鉄鉱
磁鉄鉱
分類 酸化鉱物
シュツルンツ分類 4.BB.05
Dana Classification 7.2.2.3
化学式 Fe2+Fe3+2O4
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 5.5 - 6
光沢 金属光沢
黒色
条痕 黒色
比重 5.2
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

磁鉄鉱(じてっこう、magnetite[4]マグネタイト)は、酸化鉱物の一種。化学組成はFeFe3+2O4四酸化三鉄)、結晶系等軸晶系スピネルグループの鉱物。

産出地[編集]

火成岩中にごく普通に含まれる、造岩鉱物の一種である。

主要産地はインドオーストラリアロシアイラン中国チリペルーカナダアメリカ合衆国タコナイト)、アフリカ

人体にも微量ながら存在する。

性質・特徴[編集]

分を含むため黒色をしており、金属光沢がある。結晶正八面体をしている。比重は5.2。モース硬度は5.5 - 6.5。

強い磁性を持っているのが特徴で、磁鉄鉱そのものが天然の磁石になっている場合もある。

2016年米国科学アカデミー紀要(PNAS)より、「排気ガスなどの大気汚染物質に含まれ、ナノ粒子となり組織に侵入することで、認知症アルツハイマーのリスクを高める可能性がある」という研究が発表された。磁気を帯びた微細な球状のマグネタイトの粒子が、脳にダメージを与えやすい活性酸素を生成するという論文であり、今後さらなる研究が継続される。

用途・加工法[編集]

鉄の重要な鉱石鉱物砂鉄餅鉄として自然に採取される磁鉄鉱は、かつてたたら製鉄の原料として盛んに利用された。

基本的に全世界どこでも採取できるが、きわめて低品位なため、商業用に使用するには不純物を取り除き、鉄の含有量を上げる選鉱処理が必要。

中医学では、毒性のある辰砂の代用として、鎮静催眠のために用いられる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、639頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Magnetite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=2538 2012年4月16日閲覧。 (英語)
  3. ^ Magnetite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Magnetite.shtml 2012年4月16日閲覧。 (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、182頁。ISBN 4-8181-8401-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]