砂漠のライオン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
砂漠のライオン
Lion of the Desert
監督 ムスタファ・アッカド英語版
脚本 H・A・L・クレイグ
製作 ムスタファ・アッカド
出演者 アンソニー・クイン
オリヴァー・リード
ロッド・スタイガー
音楽 モーリス・ジャール
撮影 ジャック・ヒルドヤード
編集 ジョン・シャーリー
製作会社 ファルコン・インターナショナル
配給 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年4月17日
日本の旗 1981年5月16日
上映時間 163分(日本公開版)
173分(海外公開版)
製作国 リビアの旗 リビア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
テンプレートを表示

砂漠のライオン』(さばくのライオン 原題:Lion of the Desert)は、1981年制作のリビアアメリカ合衆国合作の映画

20世紀初頭、イタリアムッソリーニ政権のリビア占領政策に立ち向かったサヌーシー教団イマーム(指導者)で、リビアの国民的英雄・オマル・ムフタール[2]の生涯を描いた作品。

当時のイタリアでは、ジュリオ・アンドレオッティ首相(当時)の「イタリア軍の名誉を傷付けている」とのクレームにより、上映禁止となった[3]

日本では、1984年12月31日にTBSテレビ月曜ロードショー」でテレビ放送された。

キャスト[編集]

監督のムスタファ・アッカド(左)とオリヴァー・リード

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lion of the Desert (1981) - Box office - business
  2. ^ 日本での公開当時は英語読みでオマール・ムクターと表記された。
  3. ^ FileRoom.org - Moustapha Akkad, Lion of the Desert (Omar Mukhtar)

外部リンク[編集]