石田幹之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石田 幹之助(いしだ みきのすけ、1891年12月28日 - 1974年5月25日)は、日本の歴史学者東洋学者國學院大學大正大学日本大学などで教授をつとめた。芥川龍之介とは、一高同級生の友人だった。

来歴[編集]

千葉県千葉市に生まれる。麻布中学校から第一高等学校を経て、東京帝国大学文科大学東洋史学科に進み、1916年に卒業。卒業後は東大に残り史学研究室副手となり、学術調査で中国に渡ってモリソン文庫の受託、またその後身である財団法人東洋文庫の発展に尽力する。また、財団法人国際文化振興会で日本文化の海外紹介にも力を尽した。1942年、國學院大學教授となり、1946年に日本大学教授に異動、1962年に退職し再度國學院大學教授。1959年に日本大学から文学博士の学位を取得している。1968年、日本学士院会員。1974年、急性肝炎のため自宅で死去。

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書[編集]

  • 「欧米支那学界現況一斑」 (東亜研究講座.東亜研究会、1925年)
  • 「西洋人の眼に映じたる日本」 (岩波講座日本歴史:国史研究会編、岩波書店、1934年)
  • 『欧人の支那研究』 現代史学大系 第8巻.共立社、1932年/増補版日本図書、1948年
  • 『長安の春』(創元社、1941年)、改訂新版 平凡社東洋文庫講談社学術文庫
  • 『欧米に於ける支那研究』 (創元社 1942年)
  • 『南海に関する支那史料』 (生活社、1945年)
  • 『唐史叢鈔』 (要書房、1948年)
  • 『東亜文化史叢(樷)考』 (東洋文庫〈東洋文庫論叢 第54〉、1973年、NCID BN02737213
  • 石田幹之助著作集』(全4巻、六興出版、1985~86年)
     1.大川端の思ひ出、2.東と西、3.東洋学雑鈔、4.東洋文庫の生まれるまで
  • 『欧米・ロシア・日本における中國研究』(科学書院、1997年)、「支那研究」2冊を合本復刻

監訳[編集]

  • 「支那文化論叢」 陳衡哲編 生活社 1942年

記念論集・回想[編集]

  • 「東洋史論叢 石田博士頌寿記念」 同古稀記念事業会編 1965
  • 東方学回想 Ⅵ  学問の思い出〈2〉』(刀水書房、2000年)、門下生との座談会での回想。