石川桂郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川桂郎(いしかわ けいろう、1909年8月6日 - 1975年11月6日)は、東京出身の俳人随筆家小説家編集者石田波郷に師事、「鶴」「壺」「馬酔木」同人、「風土」主宰。本名は石川一雄。

経歴[編集]

東京市芝区三田聖坂の理髪店の息子として生まれる。御田高等小学校卒業。家業の理髪店の仕事をしながら俳句を作りはじめ、1934年、杉田久女に入門。1937年、石田波郷の「」創刊より投句し、1939年に同人となる。また、小説を横光利一に師事する。

父の死後に店主となった理髪店を文具店とするが、店員が次々に召集されて人手不足となり廃業。工場・工事関係など様々な職を転々とする。1942年、理髪店時代を描いた小説『剃刀日記』を発表。1943年、斎藤玄の「壺」に参加。1946年より鶴川村能ヶ谷(現町田市能ヶ谷)に居住、以降この地で過ごす。1948年、水原秋桜子の「馬酔木」同人。日産書房、目黒書店に勤務した後、『俳句研究』(俳句研究社)、『俳句』(角川書店)の編集長を歴任、1960年に神山杏雨創刊の「風土」編集長となり、1964年に同主宰となった。

1955年、小説『妻の温泉』で第32回直木賞候補[1]。1961年、句集『佐渡行』他の業績により第1回俳人協会賞受賞[2]。1974年、『俳人風狂列伝』により第25回読売文学賞(随筆紀行賞)受賞[3]。1975年、句集『高蘆』以後の作品により第9回蛇笏賞受賞[4]

代表句に「昼蛙どの畦のどこ曲らうか」「うらがへる亀思ふべし鳴けるなり」などがあり、市井での暮らしを滲ませつつ軽妙洒脱な句風。様々な俳人たちの風狂ぶりを描いた読売文学賞受賞作『俳人風狂列伝』がよく知られるが、桂郎自身も酒食と放言を好む風狂の人であった。早くからわずらっていた心臓病に加えて、1956年には肺結核の手術をし、病吟、旅吟を通じて句境を深めた。

1974年、食道癌を発病[5]、1975年11月6日、食道癌のため死去。翌年、遺句集『四温』が刊行される。門下に手塚美佐神蔵器島谷征良細谷亮太などがいる。

著作[編集]

句集[編集]

  • 『含羞』 琅玕洞、1956年
  • 『石川桂郎集』 八幡船社、1968年
  • 『竹取』 牧羊社、1969年
  • 『高蘆』 牧羊社、1973年
  • 『四温』 角川書店、1976年
  • 『石川桂郎集』 手塚美佐編、俳人協会〈脚註名句シリーズ〉、1994年

随筆・小説[編集]

  • 『剃刀日記』 協栄出版社、1942年
    • 新版、目黒書店(1951年)、創元文庫(1951年)、角川文庫(1955年)、烏有書林(2011年)
  • 『妻の温泉』 俳句研究社、1954年
  • 『俳人風狂列伝』 角川書店、1973年
    • 新版、角川選書(1974年、オンデマンド版2009年) 、中公文庫(2017年)
  • 『残照』 角川書店、1976年
  • 『面会洒舌』 東門書屋、1978年

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川桂郎-直木賞候補作家”. 直木賞のすべて. 2015年2月12日閲覧。
  2. ^ 俳人協会各賞受賞者一覧”. 俳人協会・俳句文学館. 2015年2月12日閲覧。
  3. ^ 読売文学賞”. 読売新聞へようこそ. 2015年2月12日閲覧。
  4. ^ 蛇笏賞・迢空賞”. 角川文化振興財団. 2015年2月12日閲覧。
  5. ^ 死去までの1年ほどのことは以下に詳しい。神蔵器「生命の寂光 - 石川桂郎の晩年」『俳句研究』1986年8月号。

外部リンク[編集]