細谷亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細谷 亮太(ほそや りょうた、1948年 - )は、日本小児科医文筆家

山形県生まれ。実家は西村山郡河北町の医療法人社団ぶなの森・細谷医院[1]東北大学医学部卒業。聖路加国際病院小児科勤務。1978-80年テキサス大学M・D・アンダーソン病院がん研究所勤務後、聖路加国際病院小児科に復職。同病院副院長、小児科部長。専門は小児がん、小児のターミナルケア、育児学。細谷喨々の俳号を持ち石川桂郎に師事した俳人でもある。俳誌「一葦」(主宰:島谷征良)同人。

著書[編集]

細谷喨々名

細谷亮太名

  • 『パパの子育て歳時記』毎日新聞社 1990
  • 『おめでたを知ったあなたへの手紙』婦人生活社 1993 月刊マタニティの本
  • 『川の見える病院から がんとたたかう子どもたちと』岩崎書店 1995 「医師としてできることできなかったこと 川の見える病院から」講談社+α文庫
  • 『よくわかるはじめての育児』講談社 1995
  • 『ほんとうに大切なことがわかる育児の絵本 0~2才』高橋書店 1996
  • 『赤ちゃんとの時刻』朝日新聞社 1998
  • 『いのちを見つめて』岩波書店 1998 シリーズー生きる
  • 『子育て育児の常識ウソ!?ホント?!』講談社 1999
  • 『ぼくのいのち』永井泰子絵 岩崎書店 1999 いのちのえほん
  • 『小児病棟の四季』2002 岩波現代文庫
  • 『おっぱいはごちそう』脚本・監修 礒みゆき絵 童心社 2003 からだってすごい! かみしばい
  • 『おにいちゃんがいてよかった』永井泰子絵 岩崎書店 2003 いのちのえほん
  • 『ちちちマン』脚本・監修 高橋透絵 童心社 2003 からだってすごい! かみしばい
  • 『いつもいいことさがし 小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち』暮しの手帖社 2005 のち中公文庫 
  • 『命のノート ぼくたち、わたしたちの「命」についての12のお話』講談社 2006 こどもライブラリー
  • 『生きるために、一句』講談社 2007
  • 『医者が泣くということ』角川書店 2007 のち文庫 
  • 『0~5歳細谷先生のわくわく子育て』小学館 2008
  • 『今、伝えたい「いのちの言葉」』佼成出版社 2009
  • 『優しさはどこから 小児科医・細谷亮太先生が贈る』婦人之友社 2009
  • 『生きようよ 死んじゃいけない人だから』岩崎書店 2010
  • 『いい日にしよう、ね! いのちを見つめるドクターの"ほのぼの日記"』主婦の友社 2011
  • 『いつもいいことさがし 2』暮しの手帖社 2011
  • 『なみだ』永井泰子絵 ドン・ボスコ社 2011

共編著[編集]

佐々木宏子 ブックスタート 2010

  • 『いざというとき必ず役立つ小児診療のコツ 症候・疾患別に、まず考えること、すべきことがわかる!』改訂版 編 羊土社 2012 ジェネラル診療シリーズ

翻訳[編集]

  • Lynn S.Baker ほか『君と白血病 この1日を貴重な1日に』医学書院 1982
  • チャールズ・M・シュルツ『チャーリー・ブラウンなぜなんだい? ともだちがおもい病気になったとき』岩崎書店 1991
  • アメリカがん協会編 ジェラルド・P.マーフィー、ロイス・B.モリス、ダイアン・ラング著『がん 自分で選び、決定するために 早期発見・検査・診断・治療・回復まで』監訳 青木玲訳 保健同人社 1998
  • ポール・シャワーズ作 ホリー・ケラー絵『きいてみようしんぞうのおと』福音館書店 2009

参考[編集]

脚注[編集]