石井正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 正(いしい ただし、1943年11月15日 - )は、日本の弁理士。元特許庁特許技監大阪工業大学名誉教授・元知的財産学部長(初代)。

来歴・人物[編集]

東京都出身。大阪工業大学に日本で初めて設置された知的財産学部の初代学部長として、大学における知的財産専門教育の確立に貢献した。日本初の知的財産学部創設にあたり、学部創設を急いでいた藤田理事長は当初学者を学部長に想定していたが、拒否されたために特許庁に相談に行ったところ、石井正が紹介された、といういきさつがある。ゆえに、会社員出身の教員が多いのが特徴である。1974年の特許庁電子計算機業務課機械化企画室時代、特許審査システムのデータベース化案を「TOPAS」としてまとめ、のちの特許庁の審査の機械化システムの基礎を築いた。もともとこれはNTT側の草案である。

略歴[編集]

  • 1943年 - 東京都に生まれる
  • 東京工業大学附属高等学校卒業
  • 1968年 - 中央大学理工学部電気工学科卒業
  • 1968年 - 特許庁入庁。審査第二部応用物理配属
  • 1972年 - 特許庁審査官
  • 1976年 - インディアナ州パデュー大学大学院留学(1977年まで)
  • 1986年10月 - 特許庁総務部電子計算機業務課機械化企画室長
  • 1989年10月 - 特許庁審査第四部審査長
  • 1991年4月 - 特許庁総務部特許情報企画課長
  • 1992年11月 - 特許庁総務部電子計算機業務課長
  • 1994年7月 - 特許庁審査第二部首席審査長(計測)
  • 1995年10月 - 特許庁審査第二部長
  • 1998年1月 - 特許庁審判部長
  • 1999年6月 - 特許庁特許技監
  • 2001年4月 - 大阪工業大学教授
  • 2001年6月 - 社団法人日本国際知的財産保護協会理事長
  • 2003年 - 大阪工業大学知的財産学部長
  • 2005年 - 大阪工業大学知的財産専門職大学院研究科長
  • 2011年4月 - 大阪工業大学名誉教授 深見特許事務所副会長・弁理士

著書[編集]

  • 特許への挑戦 - 実例でみる特許のポイント(1973年、発明協会) - 共著
  • 特許ビジネス - 実例でみる企業戦略のポイント(1974年、発明協会)
  • 明日へのパテントマネジメント - 特許戦略は企業の明日を決める(1975年、発明協会)
  • 電子政府と知的財産 - ペーパーレスシステムの技術と開発(2004年5月、経済産業調査会、ISBN 978-4806527022) - 共著
  • MPEPの要点が解る米国特許制度解説(初版:2004年5月26日、第2版:2006年6月、エイバックズーム、ISBN 978-4901298063) - 監修
  • 知的財産の歴史と現代 - 経済・技術・特許の交差する領域へ歴史からのアプローチ(2005年6月、発明協会、ISBN 978-4827108057
  • 誰でもわかる 知的財産入門(2005年11月20日、電気新聞ISBN 978-4902553222) - 共著
  • チザイの人 - 大阪工業大学「知的財産学部」誕生の衝撃(2007年8月、三五館、ISBN 978-4883203994
  • トヨタの遺伝子 - 佐吉と喜一郎のイノベーション(2008年3月、三五館、ISBN 978-4883204243
  • 歴史のなかの特許 - 発明への報奨・所有権・賠償請求権(2009年4月、晃洋書房、ISBN 978-4771020504

外部リンク[編集]