矢島翠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やじま みどり[1]
矢島 翠[1]
生誕 1932年4月17日
死没 (2011-08-30) 2011年8月30日(79歳没)
出身校 東京大学文学部英文科[1]
職業 評論家翻訳家
配偶者 加藤周一[2]

矢島 翠(やじま みどり、1932年4月17日[3]- 2011年8月30日[2])は、日本評論家翻訳家

略歴[編集]

東京市出身。カトリック系の小学校で学び、幼い頃から英語に親しんだ[4]。一方で典型的な皇国少女でもあった[5]。女子に門戸が開かれたばかりの東京大学文学部に入学し、1955年英文科卒業[4][1]。同年共同通信社に入社、特信部外国通信部配属[1]1960年特信部文化部、1968年ホノルル特派員、1971年外信部、1974年ニューヨーク特派員を歴任し、1976年帰国後退社[1]。のちフリーランスで文筆活動をし[6][7]、また大学の映画史の講座を受け持ったりした[8]

私生活では、大学卒業後まもなく大学の同級生でのちの映画助監督と結婚1959年出産[9]1961年、半年間休職し夫のパリ高等映画学院留学に随行[10]。のち離婚[9]加藤周一と再婚[7]1983年10月から1984年7月まで、ヴェネツィア大学より日本学客員教授として招聘された加藤とともにイタリアヴェネツィアに滞在[11]

2009年6月2日、「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」に出席、あいさつをした[12]2010年2月27日公開の映画「しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る」で製作者の一人を務めた[13]

2011年8月30日、呼吸不全のため東京都内の病院で死去。79歳没[2]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 平野恭子「証言 新聞に生きた女性たち 12 矢島翠」、春原昭彦・米田佐代子・岩崎千恵子・池田恵美子・平野恭子編著『女性記者―新聞に生きた女たち』世界思想社、1994年1月10日、ISBN:9784790704850、pp.201-218

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 平野(1994)、p.201
  2. ^ a b c 時事ドットコム:矢島翠さん死去(映画評論家、評論家の故加藤周一氏の妻)
  3. ^ 『著作権台帳』
  4. ^ a b “My Life, My English 草の根レベルで見た素顔のアメリカ 矢島 翠さん 評論家・翻訳家”. 朝日ウィークリー. (2006年4月30日). http://www.asahi.com/english/weekly/column/mylife.html 2017年11月30日閲覧。 
  5. ^ 平野(1994)、p.214
  6. ^ R.J.リフトン、加藤周一、M.ライシュ著、 矢島翠訳『日本人の死生観 上・下』岩波新書、1977年、奥付
  7. ^ a b 『加藤周一のこころを継ぐために』岩波書店、2009年12月4日、著者プロフィール
  8. ^ 平野(1994)、p.217
  9. ^ a b 平野(1994)、p.205
  10. ^ 平野(1994)、p.207
  11. ^ 矢島翠『ヴェネツィア暮し』平凡社ライブラリー、1994年8月
  12. ^ 「九条の会ニュース」125号、2009年6月8日(PDF)
  13. ^ “しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る”. Movie Walker. https://movie.walkerplus.com/mv46059/ 2017年11月30日閲覧。 
  14. ^ 国立国会図書館蔵書検索

外部リンク[編集]