相良頼完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
相良 頼完
時代 江戸時代
生誕 寛延2年(1749年
死没 明和4年1月17日1767年2月15日
改名 鷲尾五十丸(幼名)→相良長次郎(幼名)
→相良頼完
戒名 高嶽院殿英巌良俊
墓所 熊本県人吉市の願成寺
官位 従五位下、近江
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
肥後人吉藩
氏族 鷲尾家相良氏
父母 父:鷲尾隆熙
兄弟 鷲尾隆建相良頼完
養子福将

相良 頼完(さがら よりさだ)は、肥後人吉藩の藩主。公式には第9代藩主とされる2人目の人物である(後述)。

生涯[編集]

寛延2年(1749年)、羽林家公家大納言鷲尾隆熙大炊御門経音の次男)の次男として生まれた。一度大坂の寺に預けられていたが、相良家の養子話が持ち上がった頃にたまたま鷲尾家に戻されていた。

宝暦12年(1762年)に(本来の)第9代藩主相良晃長が死去する。鷲尾家と相良氏は縁戚関係に当たることから[1]、その後釜として藩主に擁立され、人吉藩内において極秘のうちに宝暦12年(1762年)12月15日に家督を継いだ。姻戚とはいえ公家から後継者を選ぶことになったのには、極秘のうちに事を運ぶ必要があったが、他の大名家や旗本の子息では武家社会で顔が知られている、また露見すれば累が及ぶ危険があるといった事情や、相良氏藤原南家の流れをくむという事情があった。

10歳で死去した晃長に末期養子を迎えるのは難しく(17歳以下での末期養子は認められていなかった)、さらに頼完は晃長より3歳年長であり、幕府に認定されず無嗣断絶で改易になる可能性が高かった[2]。それを恐れた藩の重臣たちが、幕府には晃長が全快して頼完と改名したと説明し、晃長と同一人物ということにされたので、公儀への記録では宝暦9年(1759年)12月11日に家督を継いだことにされている。

明和2年(1765年)2月15日、将軍徳川家治御目見した。同年12月18日、従五位下近江守に叙任される。

藩政においては明和期の天災により、藩財政難で苦しんだ。

明和4年(1767年)1月17日に死去した。享年19。跡を養子の福将が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 第2代藩主・頼寛継室・妙光尼は鷲尾隆尚の娘、第3代藩主・頼喬の継室・月仙院は鷲尾隆量の娘であった。
  2. ^ 実際、改易にはならなかったものの、頼完の末期養子に頼完より年長の秋月種穀を申請して断られている。相良福将の項を参照。

参考文献[編集]

原典
  • 『相良家記・探源記』
  • 『相良家史料』
  • 寛政重修諸家譜
  • 『新編物語藩史』
  • 『琢磨郡誌』

関連項目[編集]