百鬼繚乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百鬼繚乱
陰陽座スタジオ・アルバム
リリース
録音 日本の旗 日本
ジャンル ロック
レーベル キングレコード
陰陽座 アルバム 年表
鬼哭転生
(1999年)
百鬼繚乱
(2000年)
煌神羅刹
(2001年)
テンプレートを表示

百鬼繚乱(ひゃっきりょうらん)』は、日本ヘヴィメタルバンド陰陽座の2ndアルバム。2000年12月24日発売。発売元はキングレコード

概要[編集]

  • 前作から約1年ぶりとなるアルバム。
  • 2002年1月10日2004年1月7日にも、それぞれ再発売されている。
  • この時もメンバー各々の仕事とバンド活動を両立させるため、セルフプロデュースで製作している。

収録曲[編集]

  1. 式を駆る者(しきをかるもの)
    (作詞・作曲:瞬火
    • 陰陽師をテーマとした曲。また「月に叢雲花に風」という言葉の意味を取り入れた歌詞も随所に見られる。ライブではイントロに入る前に、黒猫のアカペラによる口上がある。
  2. 桜花ノ理(おうかのことわり)
    (作詞・作曲:瞬火)
    • 1stシングルの表題曲。京極夏彦の小説『絡新婦の理』をテーマとしたナンバー。
    • シングル版と異なり、黒猫の台詞がない。
  3. 塗り壁(ぬりかべ)
    (作詞・作曲:瞬火)
    • 塗壁は、瞬火の好きな妖怪であるらしい。
  4. 癲狂院狂人廓(てんきょういんくるいとくるわ)
    (作詞・作曲:瞬火)
    • 「癲狂院」とは明治期に使われていた言葉で、「精神病院」の意。
  5. 八咫烏(やたがらす)
    (作詞・作曲:瞬火)
  6. 歪む月(ゆがむつき)
    (作詞・作曲:黒猫
    • 黒猫曰く「半人半魚の女性の悲恋と贖罪をモチーフとした」バラード。
  7. 帝図魔魁譚(ていとまかいたん)
    (作詞:瞬火、作曲:招鬼・瞬火)
  8. 化外忍法帖(けがいにんぽうちょう)
    (作詞・作曲:瞬火)
  9. 奇子(あやこ)
    (作詞・作曲:黒猫)
  10. がいながてや
    (作詞・作曲:瞬火)
    • ライブでは演奏されることが多いナンバー。「がいながてや」とは南予地方の方言で、「すごいんですよ」という意味。