百万長者と結婚する方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
百万長者と結婚する方法
How to Marry a Millionaire
監督 ジーン・ネグレスコ
脚本 ナナリー・ジョンソン
原作 ゾーイ・エイキンス
デイル・ユーンソン
キャサリン・アルバート
製作 ナナリー・ジョンソン
出演者 ベティ・グレイブル
マリリン・モンロー
ローレン・バコール
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ジョゼフ・マクドナルド
編集 ルイス・R・レフラー
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年11月4日
日本の旗 1954年3月17日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 7,300,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示

百万長者と結婚する方法』(ひゃくまんちょうじゃとけっこんするほうほう、原題:How to Marry a Millionaire)は、1953年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画。ゾーイ・エイキンスの舞台『The Greeks Had a Word for It』(1930年初演)と、デイル・ユーンソンとキャサリン・アルバートの舞台『Loco』(1946年初演)の2作品を原作としている[1]

ストーリー[編集]

シャッツィ(ローレン・バコール)は、月1000ドルで元の持ち主が逃げたニューヨークの家具付き高級アパートをレンタルし、モデル仲間のポーラ(マリリン・モンロー)を呼び寄せる。ポーラは同じ境遇のロコ(ベティ・グレイブル)も誘い、3人のルームシェア生活が始まる。彼女たちの目的は百万長者との結婚。その為にはボロアパートではなく高級アパートに住む方が大物を捕まえられるとシャッツィは力説する。雑貨屋で出会うような男ではなく、毛皮屋で出会うような男を捕まえるのよ―。アパートの家具を売りつつ生活していたある日、ロコが毛皮屋で出会った初老の男をアパートへ連れてきた。なんと彼は百万長者、そして彼女たちをパーティに招待してくれるという。はたしてお望みの結婚相手を捕まえることができるのだろうか?

キャスト[編集]

Betty Grable in How to Marry a Millionaire trailer 1.jpg
Marilyn Monroe in How to Marry a Millionaire trailer 1.jpg
Lauren Bacall in How to Marry a Millionaire trailer 1.jpg

日本語吹き替え版[編集]

役名 日本語吹き替え
テレビ朝日版 PDDVD
ベティ・グレイブル 鈴木弘子 立石めぐみ
マリリン・モンロー 向井真理子 白土麻子
ローレン・バコール 大塚道子 渡邉絵理
キャメロン・ミッチェル 服部哲治 堀川りょう
ウィリアム・パウエル 斎藤三勇 柴田秀勝
デヴィッド・ウェイン 木村幌
アレックス・ダーシー 内海賢二
ロリー・カルホーン 羽佐間道夫
ジョージ・ダン 青野武
その他吹替キャスト:杉浦宏文部おさむ

スタッフ[編集]

  • 監督:ジーン・ネグレスコ
  • 製作:ナナリー・ジョンソン
  • 脚本:ナナリー・ジョンソン
  • 音楽:アルフレッド・ニューマン
  • 撮影監督:ジョゼフ・マクドナルド
  • 編集:ルイス・R・レフラー
  • 美術:ライル・R・ウィーラー、リーランド・フラー
  • 装置:ステュアート・A・ライス、ウォルター・M・スコット
  • 衣装監督:チャールズ・ルメア
  • 衣装デザイン:トラヴィラ

映画賞ノミネーション[編集]

トリビア[編集]

20世紀フォックス初のシネマスコープ作品として制作されたが、公開は歴史映画聖衣』の方が先になった[1](現代劇としては初のシネマスコープ作品)。

作品内で、3人が所属するファッションハウスでマリリン・モンローが着た水着の名前は『ダイアモンドは女の親友』。

シャッツィ(ローレン・バコール)のセリフに、「ずっと年上が好きだった。ルーズベルトチャーチルボガートも」とあるが、当時ボガートはバコールの夫だった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b How to Marry a Millionaire (1953) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]