百万人の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百万人の音楽
ジャンル 音楽番組
放送方式 録音
放送期間 1967年4月16日 - 1990年9月30日
放送時間 日曜日23:05 - 24:00
放送局 TBSラジオ
ネットワーク HBCラジオCBCラジオABCラジオRKBラジオRBCラジオ
パーソナリティ 芥川也寸志
野際陽子
春風亭小朝
提供 サントリー
特記事項:
番組開始から半年間は23:10 - 24:05に放送。
1989年4月から最終回までは『小朝の百万人の音楽』として放送されていた。
テンプレートを表示

百万人の音楽』(ひゃくまんにんのおんがく)は、TBSラジオ1967年から1990年まで放送されたクラシック音楽の番組である。日曜夜に放送され、全期間サントリー(法人としては現在の「サントリーホールディングス」)の一社提供であった。

概要[編集]

1967年4月16日に放送開始。番組では毎回クラシック音楽について、楽曲や作曲家などさまざまな側面から、芥川也寸志(作曲家)、野際陽子(女優)と、クラシック音楽に精通した著名人や日本で活躍するクラシック音楽の演奏家といったゲストとのトークを交えて展開した。

番組開始から22年目となる1989年1月31日に芥川が逝去。およそ2ヶ月後の4月9日放送分でコンビを組んでいた野際も降板し、翌週16日からは春風亭小朝(落語家)が番組を引き継いだ。当時のTBSラジオの番組表では、番組名を「おしゃれクラシック」に変更する案も出ていたが(出典を参照)、結局は『小朝の百万人の音楽』として放送された。1990年9月30日をもって23年半続いた番組は終了した。

放送時間[編集]

TBSラジオ放送分

  • 毎週日曜日 23:10 - 24:05(番組開始 - 1967年9月24日)
  • 毎週日曜日 23:05 - 24:00(1967年10月1日 - 番組終了)

ネット局[編集]

全て民放AM局を複数持つ放送エリア内のJRN系列放送局(MBSラジオを除く)のみでネットされていた。

主な特集[編集]

  • 1967年4月16日、第1回「戦争と音楽」
  • 1967年10月15日、新交響楽団のモスクワみやげ話
  • 1967年11月26日、堀悦子作曲 ティンパニとチェロのための協奏曲(芸術祭参加番組)
  • 1969年7月20日、前衛音楽をあつめて/ブーレーズ「主のない槌」、シェフェール「鉄道のためのエチュード」、ジェイコブス「リズムス」、武満徹「水の曲」、ベリオ「オマージュ・ジョイス」、シュトックハウゼン「習作1」「リフレイン」、パーチ「ガラス楽器の音楽」、黛敏郎「涅槃交響曲」、ケージ「カートリッジ・ミュージック」
  • 1969年8月10日、指揮者さまざま
  • 1970年12月27日、レコード紹介「黛敏郎の涅槃交響曲」
  • 1971年6月13日、レコード紹介「松村禎三の交響曲とクリプトガム」
  • 1971年12月12日、レコード紹介「矢代秋雄のチェロ協奏曲」
  • 1974年7月28日、ゲスト:黒柳徹子
  • 1974年9月8日、15日、ゲスト:寺山修司
  • 1975年7月27日、鳥居音楽賞受賞演奏会/矢代秋雄、三善晃「チェロ協奏曲」、指揮:若杉弘、チェロ:堤剛、京都市交響楽団
  • 1975年11月30日、12月7日/ゲスト:谷川俊太郎
  • 1976年1月11日、18日/ゲスト:中島健蔵(レコードで、諸井三郎「交響曲第2番」、深井史郎「パロディ的な4楽章」、三善晃「交響三章」、松村禎三「交響曲」を紹介)
  • 1976年12月12日、19日/ゲスト:冨田勲
  • 1977年1月23日、30日/ゲスト:山本直純(レコードで「欽ちゃんと歌って笑ってアリババと40人の盗賊ですよ」「天地人」を紹介)
  • 1977年4月17日、24日/番組10周年コンサート(山本直純「交響曲第45番 宿命」ほか)
  • 1977年10月23日、ゲスト:橋本忍(レコードから「砂の器」「八甲田山」「八つ墓村」を紹介)
  • 1977年11月20日、27日/ゲスト:小船幸次郎(レコードから芥川指揮、新交響楽団演奏の伊福部昭「交響譚詩」早坂文雄「古代の舞曲」を紹介)
  • 1977年8月21日、28日、9月4日/鳥居音楽賞コンサート(早坂文雄「古代の舞曲」伊福部昭「交響譚詩」尾高尚忠「日本組曲」箕作秋吉「小交響曲」清瀬保二「日本祭礼舞曲」)
  • 1978年8月27日、9月3日、ゲスト:小倉朗
  • 1978年12月17日、札幌公演より(福田一雄指揮、札幌交響楽団、伊福部昭「交響譚詩」黛敏郎「天地創造」外山雄三「ラプソディ」)
  • 1979年1月7日、ゲスト:戸田昌宏とその家族(芥川也寸志「3つの子供の歌」を紹介)
  • 1979年1月21日、28日、ゲスト:斉藤高順(レコードからブルーインパルス、自然への回帰)
  • 1979年4月15日、22日、ゲスト:山城祥二(レコードから芸能山城組「恐山」ほか)
  • 1979年5月13日、20日、ゲスト:三善晃(レコードから「レクイエム」ほか)
  • 1979年8月5日、12日、19日、26日、サントリー音楽賞コンサート、ゲスト:松村禎三(松村禎三作品を放送)
  • 1979年11月11日、18日、ゲスト:林光(オペラ「白墨の輪」ほか)
  • 1980年7月20日、27日、ゲスト:和田則彦(ウェーバーの主題による交響的変容ほか)
  • 1980年12月28日、芥川也寸志の映画音楽(レコードから八甲田山、日蓮、八つ墓村を紹介)
  • 1981年8月2日、9日、ゲスト:高木東六
  • 1981年9月27日、ゲスト:大島ミチル「グローリア」「おらしょ」
  • 1982年1月3日、10日、ゲスト:宅孝二、高木東六
  • 1982年9月5日、ゲスト:小林亜星
  • 1982年10月10日、17日、サントリー音楽賞受賞記念コンサート「柴田南雄」
  • 1983年1月16日、ゲスト:金山茂人「レコードから芥川也寸志、交響管弦楽のための音楽、交響三章、トリプティークを紹介」
  • 1983年5月1日、ゲスト:山田一雄
  • 1983年6月26日、ゲスト:朝比奈隆
  • 1983年9月25日、10月2日、サントリー音楽賞受賞記念コンサート(外山雄三「チェロ協奏曲」、「ラプソディ」柴田南雄「シンフォニア」芥川也寸志「トリプティーク」松村禎三「ピアノ協奏曲第2番」)
  • 1984年1月14日、21日、ゲスト:田中信昭(柴田南雄「なにわ萬歳記」ほか)
  • 1984年1月29日、2月5日、サントリー作曲家の個展「山田耕筰」
  • 1985年5月5日、ゲスト:井上道義
  • 1985年12月1日、8日、ゲスト:野村芳太郎(レコードから芥川也寸志の映画音楽を紹介)
  • 1986年2月9日、16日、ゲスト:池辺晋一郎
  • 1987年2月22日、3月1日/サントリーホール開場記念・新交響楽団演奏会/早坂文雄、伊福部昭、平尾貴四男、小倉朗ほか
  • 1987年4月12日、19日/ゲスト:外山雄三
  • 1987年9月13日、20日、合唱の祭典:日本合唱協会(芥川也寸志「海浜独唱」ほか)
  • 1987年10月11日、18日、ゲスト:岡本正美(岡本正美「アレグロ・アラ・ターラ」「交響曲第1番ジーザス・クライスト」ほか)
  • 1988年5月8日、15日、ゲスト:團伊玖磨(レコードから「シルクロード」「万里の長城」ほか)
  • 1988年9月18日、25日、サントリー音楽賞記念コンサート、ゲスト:岩城宏之(岩城宏之指揮、武満徹「弦楽のためのレクイエム」ほか)
  • 1989年2月5日、芥川也寸志追悼番組(出演:松村禎三、門馬直美、野際陽子)

出典[編集]

関連項目[編集]

  • OTTAVA con brio - TBSラジオで『百万人の音楽』の終了から18年ぶりに放送されたクラシック音楽番組。放送期間は2008年9月29日から2010年4月2日。
  • 新日鉄コンサート - ニッポン放送制作。HBC・CBC・RKB・RBC、およびABC(後にMBSへネットチェンジ)は両方ネットしていた。

外部リンク[編集]

TBSラジオ 日曜23時枠
前番組 番組名 次番組
ナイス・ガイ・ミュージック
※23:10 - 23:35
ちょんまげジョッキー
※23:35 - 24:05
百万人の音楽

小朝の百万人の音楽