白鷺山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白鷺山公園
Doyo no komichi Tatsuno Hyogo06n4272.jpg
童謡の小径
分類 都市公園
所在地
面積 1.5ha

白鷺山公園(しらさぎやまこうえん)は、兵庫県たつの市の白鷺山にある公園。「童謡の小径」と躑躅の名所として知られる。

概要[編集]

白鷺山山上一帯にある自然を残した都市公園である。北は西播丘陵県立自然公園的場山龍野公園に隣接し、南は麓に鎮座する名神大社粒坐天照神社城下町日山地区を挟んで揖保川が流れる。園内は「童謡の小径」、「哲学の道」などの散策路、「五月の台広場」、国民宿舎赤とんぼ荘、展望台などの施設がある。

童謡の小径[編集]

白鷺山山頂を縦断する散策路で、童謡「赤とんぼ」を作詞した詩人三木露風の故郷である龍野市が1984年10月に「童謡の里」宣言をし、1987年7月に全国から募集した「あなたの好きな童謡」の上位8曲の歌碑と遊歩道を白鷺山に整備したのが始まりである。歌碑は作詞者の出身地の石で造られており、石碑に近づくとメロディーが流れる。

石碑一覧[編集]

哲学の道[編集]

白鷺山南側中腹にある小径。哲学者三木清の記念碑がある。

五月の台広場[編集]

哲学の道の南側にある広場。さらに南へ林道を下ると粒坐天照神社の境内に出る。

国民宿舎赤とんぼ荘[編集]

龍野市が運営する公営宿舎として1962年にオープンした兵庫県下最初の国民宿舎である。7階の展望レストランからは龍野城城下町を一望できる。館外の西に展望台があり、こちらは揖保川と中国山地を遠望できる。また玄関前には白鷺山山頂展望台に続く童謡の小径の入り口がある。

白鷺山墳墓群[編集]

古墳時代の築造と推定される古墳群で、1961年に二基の古墳の石棺から人骨や2面の銅鏡(市指定文化財)が見つかった。粒坐天照神社の近くには横穴式石室が開口している狐塚古墳(市指定史跡)がある。

データ[編集]

  • 面積 - 1.5ha
  • 所在地 - 〒679-4170兵庫県たつの市龍野町中霞城
  • 交通アクセス - 姫新線 本竜野駅 徒歩30分

周辺[編集]

外部リンク[編集]