白根開善学校中等部・高等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白根開善学校中等部・高等部
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人白根開善学校
理念 人は皆善くなろうとしている
設立年月日 1978年7月1日
創立者 本吉修二
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 5学期制
高校コード 10513K
所在地 377-1701
群馬県吾妻郡中之条町大字入山1-1
北緯36度39分50.2秒 東経138度36分44.3秒 / 北緯36.663944度 東経138.612306度 / 36.663944; 138.612306座標: 北緯36度39分50.2秒 東経138度36分44.3秒 / 北緯36.663944度 東経138.612306度 / 36.663944; 138.612306
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
白根開善学校中等部・高等部の位置(群馬県内)
白根開善学校中等部・高等部

白根開善学校中等部・高等部(しらねかいぜんがっこうちゅうとうぶ・こうとうぶ)は、群馬県吾妻郡中之条町に所在する私立中学校高等学校。運営は学校法人白根開善学校。

設置されている学科[編集]

法人の沿革[編集]

昭和52年創立。

概要[編集]

1978年(昭和53年)学校法人白根開善学校が設立認可され、現在に至る。白根開善学校の教育は「人はみな善くなろうとしている」という教育理念によって貫かれる。筆記試験による入学選考は行わず、体験入学により山の学校で生きていく意欲を重視する。

学校目標・校訓[編集]

白根開善学校では、「人はみな善くなろうとしている」という教育理念に基づいて、生徒個人の能力と才能を最大限に引き出すよう、援助・指導している。

学校の沿革[編集]

  • 1977年(昭和52年)11月25日 財団法人 白根開善学校設立準備財団 設立認可
  • 1978年(昭和53年)4月13日 中等部校舎新築
  • 1978年(昭和53年)7月1日 学校法人 白根開善学校 設立認可
  • 1979年(昭和54年)4月15日 高等部用校舎新築
  • 1982年(昭和57年)9月15日 体育館新築及び生徒寮新築
  • 1985年(昭和60年)2月5日 陶芸校舎新築
  • 1985年(昭和60年)12月24日 初心者スキー練習場造成
  • 1988年(昭和63年)12月7日 スキー練習場造成
  • 1989年(平成元年)4月14日 生産技術センター新築 同月24日開所
  • 1992年(平成4年)11月16日 新美術木工家庭科校舎新築
  • 1993年(平成5年)12月19日 情報校舎新築
  • 1997年(平成9年)3月19日 群馬県同和教育研究指定校(平成9.10年度)指定
  • 1997年(平成9年)11月26日 広島大学教育学部よりペスタロッチー教育賞受賞
  • 2002年(平成14年)2月28日 生徒寮新築(鉄筋3階建・日本財団助成事業)
  • 2007年(平成19年)6月26日 内閣総理大臣より再チャレンジ支援功労者表彰を受ける
  • 2008年(平成20年)7月1日 30周年記念事業(鶏舎新築・大グランド整備)

施設[編集]

敷地7万㎡、中・高等部校舎、体育館、生徒寮5棟、

大グランド、(3万3千㎡)、食堂、テニスコート、

スキー練習場、陶芸校舎、美術木工家庭科校舎、

学校林用地(15万㎡)、情報教育校舎(図書館含む)、

生産技術センター、父母研修棟

募集学科人員・学級編成[編集]

全日制普通科 1学級 中等部(中学生) 各学年 定員25名(男女共学)

高等部(高校生) 各学年 定員35名(男女共学)

設置科の特色[編集]

①特色ある教育課程

・必履修科目の他に、充実した社会生活を送る準備活動として、「キャリア授業」を設定。

「キャリア授業科目」(学校設定科目)

<ライフ>…生活を充実させるための、趣味からキャリアまでの幅広い講座。

「陶芸」「テニス」「写経」「柔道」等。

<キャリア>…進路に向けキャリアを充実させる講座。

「英検受験対策」「絵画」「心理学入門」「楽器演奏」等。

<進路>…進路に直結した講座。

「受験小論文」「運転免許」等。

②少人数教育

英・数・国については、学年の壁を取り払い、能力に応じた同質学習集団を基本に、徹底した少人数教育を行っている。授業を受ける1クラスの人数は8名程度で、高等学校授業を中心としたクラスから、義務教育段階の補習等、全体を5クラス程度に分けている。

③学習のスッテプアップを希望する生徒には、夜間補習会を実施。

④コロラドティンバーラインアカデミー(CTA)短期交換留学プログラム実施。

学校の特色[編集]

<社会力の育成>

コミュニケーション能力」は、人とふれあう人間関係の中で育まれるものと考えている。白根開善学校は、中学生・高校生・教職員が、生活を共にしながらの全寮制となっている。学校敷地内に寮が点在し5~7名の子供たちと専任教員が生活班単位で生活を共にする。大きな成長を遂げる大切な時期に、自然がもたらす大地の中で、真の社会力を育て社会に送り出したいと考えている。

<個人の成長にあった教育を考える>

一人一人の可能性を信じ、個々の特性を生かした教育を実践している。一般にいわれる「発達障害」といった生徒の受け入れも可能となっている。特別支援学校教諭免許所持者が生活を共にし、支援に当たっている。

<体験学習の重視>

職場実習・各研修旅行等の体験学習を通じ、教科書では学べない事を体感する。特に毎年秋に実施される100㎞強歩では、各々の限界に挑戦し、最後までやり切る事の素晴らしさを実感することとなる。地域活動にも積極的に取り組み、道路清掃や地域高齢者宅の雪かきなどを行うことで、社会の中での役割について考える。

主な学校行事[編集]

「育林・農業・養豚・介護各実習」「九州修学旅行」「スキー合宿」「スケート教室」「県外研修旅行」「県内研修旅行」「海合宿」「100㎞強歩」「文化祭」

放課後活動[編集]

運動部:柔術部・ウォーキング部

文化部:写真部・軽音部・茶道部・美術部

生活倶楽部:白根開善学校独自の活動として、「生活倶楽部」が存在する。「生活倶楽部」とは、白根開善学校のある六合の環境に積極的に触れ、利用し、関わっていくことにより、自然の中で生きていくことを体感するものである。地域の方と積極的に関わりながら、自然・文化からの恵みを感じ、真の社会力を身につける。

平成27年度には、ピザ窯・プラネタリウムを作成する。

(開設俱楽部)

園芸部…地域の花栽培にプロに学び、花・イチゴを栽培。

佐々木土建…開善「野鳥の森」造成。ツリーハウス建築計画。魚の養殖池造成。

奉仕活動吉川組…地域高齢者宅雪かきボランティア。地域花植えボランティア。

生産文化倶楽部…たくあん製造。食育。

ものつくり部…校内・寮内美化に役立つものを自分たちで製作。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]