田浦駅 (花蓮県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田浦駅
跡地
跡地
田浦
ティエンプー
Tienpu
所在地 台湾花蓮県花蓮市花蓮市中華路453巷
駅番号 046
所属事業者 台湾鉄路管理局
林務局
等級 三等駅
旧名 荳蘭
電報略号 ㄊㄅ
駅構造 地上駅
開業年月日 1910年12月16日
廃止年月日 1982年6月26日
乗入路線 2 路線
所属路線 台東線
キロ程 2.4km(花蓮起点)
花蓮 (2.4km)
所属路線 旧台東線
キロ程 6.3km(花蓮港(旧駅)起点)
花蓮(旧駅) (2.3km)
(2.3km) 吉安(旧駅)
所属路線 嵐山森林鉄路太昌線(廃線
キロ程 0.0km(田浦起点)
(3.7km) 水源村索道頭
テンプレートを表示
田浦駅
各種表記
繁体字 田浦車站
簡体字 田浦车站
拼音 Tián pǔ Chēzhàn
注音符号 ㄊㄧㄢˊ ㄆㄨˇ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: ティエンプー チャーヂャン
台湾語白話字 Tiân-phóo Tshia-tsām
日本語漢音読み でんほえき
日本語慣用読み たうらえき
英文 Tienpu Station
テンプレートを表示

田浦駅(でんほえき,ティエンプーえき)は台湾花蓮県花蓮市にあった台湾鉄路管理局台東線である。

概要[編集]

ナローゲージの旧台東線と着工中だった改軌路線の現台東線とが暫定的に接続する拠点であった。乗換拠点としては手狭であり、台東線改軌事業に伴い隣の吉安新駅が当駅と1km程度の場所に移転するため、統合される形で廃止され、現在はの大木が跡地の空き地に残っている[1]。近年、旧線跡が一部遊歩道として再生され、当駅跡地にまで延長する計画が進んでいる[2]

当地はナワシログミ(中文:胡頹子)から採れる豆(アミ族が「太奥魯安(ピン音:tài ào lǔ ān)」と呼び、漢族が「荳蘭(ピン音:dòu lán)」と表記していた)の生産が盛んだったことが駅名の由来とされる。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1909年(明治42年) - 木造煉瓦混合の駅舎が完成
  • 1910年(明治43年)12月16日 - 荳蘭駅(とうらんえき)として旧吉安駅から2.3km、旧花蓮駅から2.3km地点に開業。
  • 1937年(昭和12年)11月1日 - 田浦駅に改称し、同時に三等駅に昇格。
  • 1947年 - 嵐山森林鉄路の平地路線(太昌線)が開業。
  • 1978年 - 台東線の改軌工事に伴いナローゲージの外側に線路を追加した4線軌道となる。
  • 1979年2月7日 - 北廻線花蓮新駅開業。
  • 1981年2月 - 花蓮旧駅休止。
  • 1982年6月27日 - 吉安(現駅)までの改軌工事が完了し、統合される形で廃止。
  • 1989年 - 嵐山森林鉄路廃止。
  • 1992年9月 - 駅舎撤去
  • 2016年1月 - 花蓮市公所が「旧東線田浦客家風情巡礼」計画の補助金予算を計上[3]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
台東線(旧線)
花蓮旧駅 - 田浦駅 - 吉安駅(旧駅)
台東線(暫定改軌開業時)
花蓮駅 - 田浦駅
林務局
嵐山森林鉄路(太昌線)
田浦駅 - 水源村索道頭(佐倉第一号索道)

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)綠活好點>田埔車站花蓮市公所綠活小旅行
  2. ^ (繁体字中国語)市公所將進行舊鐵道遊廊活力重建規劃洄瀾網
  3. ^ (繁体字中国語)重現田浦車站風華 市公所獲千萬補助2016年1月6日,東方網

外部リンク[編集]