瑞北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瑞北駅
サイクリングターミナルに生まれ変わった駅舎
サイクリングターミナルに生まれ変わった駅舎
瑞北
ルイベイ
Ruibei
富源 (5.9km)
(3.4km) 瑞穂
所在地 台湾花蓮県瑞穂郷瑞北村瑞北100号
駅番号 030
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 招呼站(無人駅
種別 廃駅
所属路線 台東線(旧線)
キロ程 59.8km(花蓮起点)
電報略号 ㄖㄟㄅ
駅構造 地上駅
ホーム 島式ホーム1面
開業年月日 1956年
廃止年月日 2003年8月23日
テンプレートを表示
瑞北駅
各種表記
繁体字 瑞北車站
簡体字 瑞北车站
発音: ルイベイ チャーヂャン
台湾語白話字 Suī-pak Tshia-tsām
日本語漢音読み ずいほくえき
英文 Ruibei Station
テンプレートを表示

瑞北駅(ずいほくえき)はかつて台湾花蓮県瑞穂郷にあった台湾鉄路管理局台東線廃駅)である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面の地上駅である。廃止前は線路は1線のみであった。[1]

利用状況[編集]

  • 既に廃止されている。
  • 廃止前は招呼站(無人駅)であり、瑞穂駅が管理していた。

保存状況[編集]

  • 線路は撤去されているが、コンクリート製の駅舎とホームが残っている。(2009年1月現在)[2]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1956年 - 招呼站(無人駅)として開設された。
  • 1957年6月 - 三等駅となった。
  • 1971年6月1日 - 簡易駅となった。
  • 1972年7月1日 - 招呼站(無人駅)となった。
  • 1982年 - 台東線の改軌時にコンクリート製の新駅舎に建て替えられた。
  • 2003年8月23日 - 富源~瑞穂間の高架新線への移転に伴って廃止された。
  • 2009年末 - 駅舎が「鐵馬驛站」(サイクリングターミナル)として再オープン[3]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
台東線(旧線)
富源駅 - 瑞北駅 - 瑞穂駅

出典[編集]

  1. ^ 瑞北站(看橋工房)
  2. ^ 已荒廢的瑞穗鄉瑞北站(花蓮旅遊資訊部落格)
  3. ^ (繁体字中国語)花東縱谷單車遊 田園優游樂逍遙2010年10月11日,台灣蘋果日報

参考文献[編集]

外部リンク[編集]