田原裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田原 裕子(たはら ゆうこ、1967年 - )は、日本の経済学者國學院大學経済学部教授。専門は地域社会問題、高齢社会と社会保障。

来歴[編集]

東京大学大学院総合文化研究科博士課程後期課程修了。博士学術)。東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系助手、國學院大學経済学部准教授を経て現職。

人物[編集]

少子高齢化社会にかかわる問題について、社会保障制度、地域社会における社会的ネットワークなど、多様な視点から研究している。ゼミも同じく、幅広い分野から各自が興味のあるテーマを決め、実際に問題が生じている現場で学び、考える現場主義スタイルを重視している。 1996年 東京大学 学術博士 論文は 「生活空間の視点からみた高齢者問題の地域性に関する研究 」。[1]

論文[編集]

単著[編集]

  • 「高齢者の居住地移動と地域の経済・財政に関する考察」 『人口減少社会の家族と地域』 日本評論社 平成20年3月
  • 「引退移動の動向と展望」 『人口減少と地域』 京都大学学術出版会 平成19年9月
  • 「高齢者・福祉」 『地理学概論』 朝倉書店 平成19年4月
  • 「合衆国におけるリタイアメントコミュニティ産業の展開-デル・ウェッブのサンシティ・アリゾナを中心に-」 『國學院経済學』第55巻第2号 國學院大學経済学会 平成19年3月
  • 「退職移動の動向と展望-団塊の世代に注目して-」 『人口停滞・減少時代における新しい人口地理学の構築 平成15-17年度科学研究費補助金基盤研究(A)(1)(研究代表者 石川義孝)研究成果報告書』 平成18年2月
  • 「高齢人口移動-2000年国勢調査にみる近年の動向-」 『統計』3 平成17年3月
  • 「「単位」からの自立を求められる高齢者-転換期の中国高齢者福祉と社会保障-」 『東京大学人文地理学研究』16 平成15年
  • 「少子化と高齢者介護-飛騨におけるフィールドワークから-」 『岐阜を考える』No.99 平成10年11月
  • 「高齢化とゆとりある地域づくり②-地域における高齢者の暮らし-」 『地理』40巻12号 平成7年12月
  • 「高齢者の生活空間-社会関係からの視点-」 『地理学評論』66巻7号 平成5年7月

共著[編集]

  • 「高齢者の地理学-研究動向と今後の課題-」 『人文地理』55巻5号 平成15年10月
  • 「高齢者の場所への愛着と内側性-岐阜県神岡町の事例-」 「人文地理」 平成14年6月
  • 「高齢帰還移動の過程とその影響に関する検討-沖縄県N部落の事例-」 『老年社会科学』22巻3号 平成12年10月
  • 「農山村地域における老親子関係と空間的距離」 『老年社会科学』21巻1号 平成11年4月
  • 「高齢者はどこに移動するか-高齢者の居住地移動研究の動向と移動流-」 『東京大学人文地理学研究』13号 平成11年3月
  • 「大都市圏郊外地域に居住する高齢者の生活空間と定住意志-埼玉県越谷市の事例-」 『人文地理』48巻5号 平成8年6月


著書[編集]

共著[編集]

  • 『日本の人口移動-ライフコースと地域性-』 古今書院 平成14年6月
  • 『日本の人口移動-ライフコースと地域性-』荒井良雄ほか編 古今書院 平成14年6月

編著[編集]

  • 『地域と人口からみる日本の姿』(第10章 高齢者の生活、コラム アリゾナ州サンシティ) 古今書院 平成23年3月
  • 『図説 世界の地理24』(総索引・用語解説) 朝倉書店 平成12年1月

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース