日本老年社会科学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本老年社会科学会(にほんろうねんしゃかいかがっかい、英文名 Japan Socio-Gerontological Society)は、日本老年医学会とともに日本老年学会を構成する単位学会として、老年社会科学の進歩・発展とともに広く関連分野との連携を図ることを目的として1959年に設立された学会[1]

事務局を東京都新宿区神楽坂4-1-1(株)ワールドプランニング内に置いている。

事業[編集]

  • 学術集会(大会)・総会の開催、機関誌等の発行など[2]

機関誌[編集]

  • 『老年社会科学』(Japanese Journal of Gerontology) 年4回

加盟団体[編集]

  • 国際老年学会 - 日本老年学会(1959年、日本老年医学会、日本老年社会科学会の連合体として発足)として加盟

脚注[編集]

関連学会[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]