田中早苗 (翻訳家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 早苗(たなか さなえ、1884年明治17年) - 1945年昭和20年)5月25日)は日本翻訳家。男性。本名は田中 豊松(たなか とよまつ)[1]で、この名義での著訳書もある。

英語フランス語を解し、博文館の雑誌『新青年』などで、モーリス・ルヴェルフランス語版英語版ウィルキー・コリンズエミール・ガボリオガストン・ルルーなどの作品の翻訳紹介につとめた。

経歴[編集]

1884年(明治17年)、秋田県秋田市に生まれる[2]

1907年(明治40年)、早稲田大学高等師範部英語科卒業[2]

雑誌『海外之日本』(海外之日本社)記者、雑誌『太陽』(博文館)嘱託記者を歴任した[2]

1937年(昭和12年)4月より東京市赤坂区史編纂事務嘱託として『赤坂区史』の編纂に従事する[3][2]

1945年(昭和20年)5月25日、疎開先の奈良県で病死[4]

業績[編集]

新青年』には早い時期から翻訳者として参加し、「文学味の強い異常小説」[5]を好んで翻訳、江戸川乱歩などに影響を与えた。特に、フランスの作家モーリス・ルヴェルフランス語版英語版の翻訳紹介で知られる[6]。1928年(昭和3年)に春陽堂より出版されたルヴェル『夜鳥』について、乱歩は「田中さんの数多い飜訳書中の白眉ではないかと思う」[7]と評している。田中の翻訳を介してルヴェルの影響を受けた作家に、小酒井不木夢野久作などがいる[8]。ルヴェルを紹介した人間は田中以前にもいたが、最も精力的に翻訳を行ったのは田中であった[9]

イギリスの作家では、ステイシー・オーモニア英語版アーサー・マッケンなどの異色作家を偏愛した。ただし、マッケンの翻訳は行っていない。乱歩によれば「その作品が非常に特殊なもので、大衆性があるかどうか疑問だった」[5]ためだという。一方で、本格探偵小説にはほとんど関心を示さなかった[10]

人物[編集]

『新青年』編集長・森下雨村邸に集まってブリッジにいそしんでいたグループの一員であり、また森下とは敵同士でもあった。森下の帰郷後は乱歩とも交流を深めた。乱歩は「世事にうとく、流行に反逆し、古風を守って譲らず、金銭的には損ばかりしている人であった」と評している[5]

著作[編集]

編著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コリンス白衣の女(闇闘の巻)』(白水社、1921年)の訳者の名義は、内表紙では「田中早苗」、奥付では「田中豊松」となっている。
  2. ^ a b c d フランク 1943, 著者略歴.
  3. ^ 東京市赤坂区役所 1942, 例言.
  4. ^ 江戸川 2006, p. 149.
  5. ^ a b c 江戸川 2006, p. 188.
  6. ^ 江戸川 2006, pp. 186-189.
  7. ^ 江戸川 2006, p. 187.
  8. ^ 江戸川 2006, pp. 186-187.
  9. ^ 伊藤 2000, p. 190.
  10. ^ 江戸川 2006, pp. 187-188.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]