田上富信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田上 富信(たのうえ とみのぶ、1941年5月6日 - )は、日本の法学者愛知学院大学法科大学院教授関西学院大学名誉教授。専門は、民法不法行為)。研究テーマは、使用者責任博士(法学)(神戸大学)。大分県竹田市出身。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『使用関係における責任規範の構造』(有斐閣、2006年)
  • 『やさしい事務管理・不当利得・不法行為』(法学書院、2003年)
  • 『判例・事例でまなぶ消費者法』(共著、有斐閣、1994年)

論文[編集]

  • 『労働者の責任制限についてのー考察』
  • 『契約の第三者に対する効力』現代契約法大系1巻(有斐閣、1983年)
  • 『車両損害の賠償をめぐる諸問題(上、下)』判例評論337‐338号(判例時報社、1987年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース