玉村竹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉村 竹二(たまむら たけじ、1911年10月9日 - 2003年11月11日)は、禅宗の研究者、東京大学史料編纂所教授であった。

名古屋市生まれ。東京府立第一中学校、府立高等学校を経て、1935年東京帝国大学文学部国史学科卒業、同年史料編纂所に入所。1951年里見弴が『道元禅師の話』(現在は岩波文庫)を執筆する際、当時東慶寺住職だった井上禅定の紹介で助手を務めている。

1966年東京大学史料編纂所教授。1969年史料編纂所を辞し、1973年『五山文学新集』により日本学士院賞1981年『日本禅宗史論集』で角川源義賞受賞。

著書[編集]

  • 五山文学-大陸文化紹介者としての五山禅僧の活動』(至文堂(日本歴史新書)1955、増補1966)
  • 夢窓国師-中世禅林主流の系譜』(平楽寺書店 1958)
  • 『日本禅宗史論集』 全3巻(思文閣 1976)
  • 『五山禅僧伝記集成』(講談社 1983)
  • 『五山禅林宗派図』(思文閣出版 1985)
  • 臨済宗史』(春秋社 1991)
  • 『五山禅僧伝記集成』(思文閣出版 2003)

共著[編集]

訳注・解説[編集]

  • 『五山詩僧 <日本の禅語録 8>』(講談社 1978)訳注・解説

編纂[編集]

論文[編集]