芳賀幸四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芳賀 幸四郎
1952年
人物情報
生誕 (1908-01-25) 1908年1月25日
日本の旗 日本山形県寒河江
死没 1996年8月6日(1996-08-06)(88歳)
出身校 東京高等師範学校
子供 芳賀徹
学問
研究機関 東京教育大学
テンプレートを表示

芳賀 幸四郎(はが こうしろう、1908年1月25日 - 1996年8月6日)は、日本史学者[1]東京教育大学名誉教授。東山文化研究の第一人者。また、を極め、臨済宗妙心寺派系の法を嗣ぐ老師でもあった。庵号を「如々庵」(にょにょあん)、道号を「洞然」(とうねん)。

経歴[編集]

1908年、山形県寒河江に生まれる。1926年、東京高等師範学校(後の東京教育大学、現在の筑波大学)に合格したが、1927年山形の連隊に入隊、小学校の訓導となり、山形県女子師範を卒業したばかりの藤田洋子と知り合い、キリスト教会に通った。1928年、東京高等師範学校入学。

1930年、洋子と結婚するが、マルクス主義に染まり、1931年2月、検挙されるが不起訴処分、退学を命ぜられて山形に帰った。長男でのちの東大教授・芳賀徹が生まれたのはこの5月である[1]。定職がなく、山形高校を受験したが、前歴のため不合格となった。国民精神文化研究所の研究生となり、マルクス主義批判の研究を始めた。1934年、東京高等師範学校に復学。1935年、東京高等師範学校を卒業。卒業後は山形県の鶴岡中学校に勤め、家族で鶴岡市に転居、夫人は小学校で教えた。

1938年、東京文理科大学国史科入学、翌年夫人は山形市の実家に二子を置いて上京し小学校に勤務した。1941年、卒業、そのまま助手として残り、二子を引き取った。1944年に講師昇進の話があったが、思想的経歴のために認められなかった。1945年、最初の著書『東山文化の研究』を上梓。

戦後、1946年に東京文理科大学講師となる。1950年より助教授。1964年からは文学部教授となった。1971年に定年退職し、名誉教授となり、大東文化大学文学部教授を1981年まで務めた。

学問業績[編集]

専攻は中世史と禅で、原勝郎の衣鉢を継いで中世公家文化を研究、『三条西実隆』のほか、歴史教科書を数多く書いている。禅においては、在家のまま本格の修行をする「人間禅」の師家。その著作は『芳賀幸四郎歴史論集』全4巻としてまとめられた。

受賞・栄典[編集]

禅の修行歴[編集]

を極め、臨済宗妙心寺派系の法を修めた。庵号を如々庵(にょにょあん)、道号を洞然(とうねん)。自ら一行物墨蹟を数多く残すとともに、老師として禅語の解説書も著わした。

  • 1934年 両忘庵釈宗活老師に入門。その法嗣の一夢庵大峡竹堂・耕雲庵立田英山老師に参じる
  • 1948年 両忘禅協会が解散した後も、人間禅設立に参画して修行を続ける
  • 1953年 室内の事(じ)を了畢(りょうひつ)
  • 1958年 耕雲庵老師の法を嗣ぐ。師家
  • 北海道、新潟の担当老師。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『東山文化の研究』河出書房、1945
  • 『近世文化の形成と伝統』河出書房、1948
  • 『日本史新研究』池田書店、1950
  • 『日本のれきし』偕成社、1956
  • 『中世日本の形成』弘文堂、 1956
  • 『中世禅林の学問および文学に関する研究』日本学術振興会、1956
  • 『大学受験日本史演習 テーブル式』評論社 1960
  • 『三条西実隆』吉川弘文館(人物叢書)1960
  • 『東山文化』塙書房、1962
  • 『学研中学歴史』学習研究社 1962
  • 千利休』吉川弘文館(人物叢書)1963
  • 『禅入門 現代の危機をすくうもの』芳賀洞然 講談社、1963(ミリオン・ブックス)
  • 『安土桃山時代の文化』至文堂(日本歴史新書)1964 
  • 『群雄のあらそい 室町・戦国時代』偕成社(少年少女日本の歴史)1967 
  • 『精説日本史研究』中教出版 1969
  • 『禅語の茶掛一行物』淡交社、1973
  • 『禅語の茶掛一行物』続 淡交社、1974
  • 『禅語の茶掛一行物』続々 淡交社、1977
  • 『わび茶の研究』淡交社、1978
  • 『文人書譜 5 沢庵』淡交社、1979
  • 芳賀幸四郎歴史論集』全4巻 思文閣出版、1981
  • 『禅語の茶掛一行物 又続』淡交社、1984
  • 『禅語の茶掛一行物』又又 淡交社、1989
  • 『一行書のよみかた』世界文化社、1994(家庭画報特選)
  • 『五灯会元鈔講話 中国禅界の巨匠たち』芳賀洞然 淡交社、1996
  • 『新版一行物 禅語の茶掛〈上巻〉』『同〈下巻〉』淡交社、1996
  • 『禅の心・茶の心』たちばな出版、1996
  • 『茶席の一行』世界文化社、1998

編著[編集]

  • 日本人名辞典 岩崎書店、1957
  • 日本史辞典 岩崎書店、1957
  • 京の禅寺 太田博太郎、玉村竹二共著 淡交新社、1961
  • 日本史の教室 藤木邦彦共編著 吉川弘文館、1965
  • 大徳寺と茶道 淡交社、1972

記念論集[編集]

  • 日本社会史研究 芳賀幸四郎先生古稀記念論文集編集委員会 笠間書院、1980
  • 日本文化史研究 芳賀幸四郎先生古稀記念論文集編集委員会 笠間書院、1980

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小谷野敦 著 『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集幻冬舎幻冬舎新書)、2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-344-98055-6、182頁。