猿田神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猿田神社
Saruda-jinjya-shrine,choshi-city,japan.JPG
所在地 千葉県銚子市猿田町1677
位置 北緯35度44分50秒
東経140度44分0秒
主祭神 猿田彦大神・天鈿女命・菊理媛命
社格 無格社
創建 垂仁天皇25年
本殿の様式 流造
例祭 11月15日
主な神事 式年大祭神幸祭
テンプレートを表示

猿田神社(さるだじんじゃ)は、千葉県銚子市猿田町にある神社。古くから八方除けなどで信仰されている。猿田彦大神天鈿女命菊理媛命を主祭神とする。

由緒[編集]

社伝によれば、垂仁天皇25年11月25日の創建とされ、神功皇后の御世に生田神社摂社になったという。大同2年(807年)に社殿を造営、康平年間(1058年 - 1065年)には源頼義神田を寄進し、鎌倉時代以降も武家の信仰が篤く源頼朝も寄進したと伝えられ、足利晴氏は金印を奉納をし当時のものという印が現存する。

永禄9年(1566年海上氏安房正木氏との合戦で社殿を焼失、元亀年間に再建するも天正元年(1573年)に再び焼失、翌天正2年(1574年)に再建し、現本殿は延宝8年(1680年)に改築されたものである。なお、天正19年(1591年)には徳川家康朱印地30石を寄進した。

庚申の年(60年ごと)に式年大祭神幸祭がある。

文化財[編集]

交通[編集]

その他[編集]

  • 参道に先神橋というJR総武本線をまたぐ橋がある。これは、1897年明治30年)総武鉄道銚子まで開通したときに参道を分断してしまうことになったため鉄道会社により造られたものである。
  • 神仏習合の名残で、仏滅(六曜#仏滅)の日は社務所が休みとなる。

参考文献[編集]

  • 『全国神社名鑑 上巻』全国神社名鑑刊行会史学センター、昭和52年。
  • 『角川日本地名大辞典 12 千葉県』角川日本地名大辞典編纂委員会、昭和59年。

外部リンク[編集]