猿田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猿田駅
Saruta-station-stationhouse(cropped).jpg
駅舎(2007年7月6日
さるだ
Saruda
倉橋 (2.6km)
(5.5km) 松岸
所在地 千葉県銚子市猿田町676
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武本線
キロ程 111.8km(東京起点)
電報略号 サル
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
240人/日(降車客含まず)
-2006年-
開業年月日 1898年明治31年)1月25日[1]
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

猿田駅(さるだえき)は、千葉県銚子市猿田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。2つのホームは駅舎倉橋方の跨線橋で結ばれている。

銚子駅管理の無人駅で、駅舎内に乗車駅証明書発行機・簡易Suica改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 総武本線 上り 成東方面[3]
2 下り 銚子方面[3]
  • ホームは8両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2006年(平成18年)度の1日平均乗車人員240人である。

千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 285 [* 1]
1991年(平成03年) 290 [* 2]
1992年(平成04年) 275 [* 3]
1993年(平成05年) 266 [* 4]
1994年(平成06年) 271 [* 5]
1995年(平成07年) 296 [* 6]
1996年(平成08年) 306 [* 7]
1997年(平成09年) 309 [* 8]
1998年(平成10年) 310 [* 9]
1999年(平成11年) 287 [* 10]
2000年(平成12年) 265 [* 11]
2001年(平成13年) 256 [* 12]
2002年(平成14年) 281 [* 13]
2003年(平成15年) 280 [* 14]
2004年(平成16年) 277 [* 15]
2005年(平成17年) 247 [* 16]
2006年(平成18年) 240 [* 17]

駅周辺[編集]

駅前にはロータリーがあり、その中央は花壇となっている。駅から猿田神社までの道には案内板が設けられている。北東へ約3キロメートル(km)ほどには椎柴駅成田線)が位置し、西へ約1キロメートルほどで旭市との境となる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武本線
倉橋駅 - 猿田駅 - 松岸駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、16-19頁。
  2. ^ a b “Suicaをご利用いただけるエリアが広がります。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2008年12月22日), オリジナルの2019年5月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190503211623/https://www.jreast.co.jp/press/2008/20081218.pdf 2018年7月8日閲覧。 
  3. ^ a b 時刻表 猿田駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月4日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 銚子市統計書 - 銚子市
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]