熊本市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊本市議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
澤田昌作(自由民主党熊本市議団)、
2016年3月24日より現職
副議長
藤山英美(くまもと未来)、
2017年3月24日より現職
構成
定数 48
院内勢力
自由民主党熊本市議団(18)
市民連合(9)
公明党熊本市議団(7)
くまもと未来(4)
日本共産党熊本市議団(3)
市政クラブ(1)
日本の教育の考える会(1)
自由クラブ(1)
善進会(1)
明政会(1)
地域創世(1)
和の会くまもと(1)
選挙
中選挙区制
前回選挙
2015年4月12日
議事堂
KumamotoCityHall 2.jpg
日本の旗 日本熊本県熊本市中央区手取本町1番1号
ウェブサイト
熊本市議会
脚注

熊本市議会(くまもとしぎかい)は、熊本県政令指定都市である熊本市議会

概要[編集]

  • 定数:48人
  • 任期:4年 (2015年5月1日~2019年4月30日)[1]
  • 選挙区:各行政区を選挙区とする中選挙区制単記非移譲式
  • 議長:澤田昌作 (自由民主党熊本市議団)
  • 副議長:藤山英美 (くまもと未来)

会派[編集]

会派名 議席数 議員名(◎は代表)
自由民主党熊本市議団 18 ◎津田征士郎、坂田誠二、三島良之、紫垣正仁、江藤正行、竹原孝昭、齊藤聰、澤田昌作、満永寿博、
倉重徹、くつき信哉、原口亮志、原亨、寺本義勝、小佐井賀瑞宜、髙本一臣、光永邦保、大石浩文
市民連合(国民立憲 9 ◎田尻将博、家入安弘、西岡誠也、上田芳裕、田辺正信、村上博、田上辰也、福永洋一、大塚信弥
公明党熊本市議団 7 ◎鈴木弘、藤岡照代、井本正広、浜田大介、藤永弘、園川良二、三森至加
くまもと未来 4 ◎田尻清輝、白河部貞志、重村和征、藤山英美
日本共産党熊本市議団 3 ◎上野美恵子、那須円、山部洋史
市政クラブ 1 落水清弘
日本の教育を考える会 1 古川泰三
自由クラブ 1 北口和皇
善進会 1 田尻善裕
明政会 1 田中敦朗
地域創世 1 小池洋恵
和の会くまもと 1 緒方夕佳
48

選挙区・定数[編集]

熊本市議会の選挙制度は、2015年の選挙から各行政区を選挙区とする中選挙区制単記非移譲式)である。

選挙区 定数
中央区 11
東区 13
西区 6
南区 8
北区 5
48

出身者[編集]

首長[編集]

国会議員[編集]

その他[編集]

出来事[編集]

  • 2017年11月22日、緒方夕佳議員が生後7か月の長男を連れて本会議場に出席しようとした。事務局職員や議長らが退席を求めたが、緒方夕佳議員は「同様の境遇にある市民の代弁者である」として本会議の開会を求めた。しかし、赤ちゃんがいる状態で本会議を再開できないとして、議長らは「一旦議場を出て、話をしよう」と緒方夕佳議員を促した。議長室にて、議長より「これから議員活動と子育ての両立について話し合っていく」と約束されたため、緒方夕佳議員は長男を友人に預け本会議に出席した。この対応により定例会の開会が40分遅れた[2][3]。この日の本会議にかかる時間は15分間程と予定されていた。議会事務局は、7ヶ月の長男を傍聴人とみなしたため緒方夕佳議員が「傍聴人は議場に入ってはならない」という「熊本市議会傍聴規則」に反したと説明した。市議会議会運営委員会は11月29日、「開会を遅らせたことは重大な問題」として、議長名で緒方夕佳議員に文書で厳重注意した[4]
  • 2018年9月28日、緒方夕佳議員が本会議中にのど飴を口に含んで登壇した事が指摘され、緒方夕佳議員は「咳込んで質疑を中断するのを防ぐためだった」として議会運営委員会にて懲罰動議が出された[5]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]