為尊親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
為尊親王

続柄 冷泉天皇第三皇子
全名 為尊(ためたか)
身位 二品・親王
出生 貞元2年(977年
死去 長保4年6月13日1002年7月25日
配偶者 藤原伊尹女(九の御方)
  和泉式部
父親 冷泉天皇
母親 藤原超子
役職 弾正尹
テンプレートを表示

為尊親王(ためたかしんのう、貞元2年(977年) - 長保4年6月13日1002年7月25日))は、平安時代中期の皇族冷泉天皇の第三皇子。母は藤原兼家の娘超子三条天皇の同母弟。官位は二品・弾正尹

概要[編集]

異母兄・花山天皇の薦めにより藤原伊尹の娘・九の御方と結婚するが、のち和泉式部や新中納言[1]と恋愛関係にあった。長保3年(1001年)冬頃から病にあり[2]、翌長保4年(1002年)26歳という若さで薨去。伝染病が大流行していた平安京を毎日のように夜歩きしたために病を得たと噂されたという[3]

同母弟の敦道親王とともに、少し軽薄な性格であったと評された。また、子どものころは非常に美しい容貌をしていたが、元服後は容姿が見劣りしてしまったという[4]

脚注[編集]

  1. ^ 出自不明。
  2. ^ 「去年冬十月病ヲ受クルノ後、数月懊悩、遂ニ以テ逝去シ給フ」(『権記』長保4年6月15日条)
  3. ^ 栄花物語』巻第七,とりべ野。ただし、『権記』の記述によれば、実際の死因は伝染病ではないと考えられる。
  4. ^ 大鏡』巻第四,太政大臣兼家