瀬川浅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀬川 浅(せがわ せん / あさし[1]1853年2月21日嘉永6年1月14日) - 1926年大正15年)11月25日[1])は、明治時代九州地方を中心に活躍した活躍した牧師である。

経歴[編集]

中津藩儒者の子として江戸で生まれる[1]。瀬川は長崎で、アメリカ・オランダ改革派教会宣教師ヘンリー・スタウトの元で学び、1873年(明治6年)9月に洗礼を受けた。翌年3月からは、スタウトと共に説教をするようになった。1876年(明治9年)には、スタウトと瀬川で長崎日本基督公会を組織した。1877年(明治10年)9月に東京一致神学校が開校されると、神学生として学ぶために派遣される。植村正久井深梶之助三浦徹らと共に、東京一致神学校の第一期生として学び、翌年1878年卒業しに教師資格を得て、長崎に戻る。当時、西南戦争で荒廃した鹿児島に留川一路と一緒に派遣され、伝道所を開設する。鹿児島に定住して伝道を続ける。そして、平山武知という協力者を得ている。そして、三年後の1881年(明治14年)には日本基督一致教会鹿児島教会(現日本基督教団)を組織している。1889年には山下町に会堂を移転し、都城志布志指宿など薩摩、大隅全域に伝道活動を始めた。

1881年(明治14年)7月に日本基督一致教会の西部中会が設立されると、瀬川と青山昇三郎服部章蔵が牧師となる。1887年(明治20年)に長崎にスティール・アカデミー(東山学院)ができアルバート・オルトマンスが初代院長になると、瀬川はスタウトと共に教職者養成に集中した。卒業たちは、長崎、諫早大村唐津佐賀久留米人吉、鹿児島、垂水などで伝道活動を行った。

著書[編集]

  • 聖経歴史指南(1888年)
  • 耶蘇教略解(1888年)
  • 設氏説教学(1893年)
  • 聖経地誌(ホルボット著、瀬川浅訳)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本キリスト教歴史大事典』781頁。

参考文献[編集]