澤邊芳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さわべ よしあき
澤邊 芳明
生誕 (1973-10-01) 1973年10月1日(47歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
出身校国立大学法人京都工芸繊維大学
職業実業家
公式サイトhttp://www.facebook.com/sawablo

澤邊 芳明(さわべ よしあき、1973年10月1日 - )は日本実業家。株式会社ワントゥーテン代表取締役社長。近未来クリエイティブ集団 1→10(ワントゥーテン)を率いる。

姓の「澤」は「沢」の旧字体かつ「邊」は「辺」の旧字体であるため、「沢辺 芳明」と表記するケースもある。

来歴[編集]

1973年東京都生まれ、奈良市育ち。
1992年3月に京都工芸繊維大学入学。
1992年4月、18歳の時にバイク事故に遭う。2年半で4つの病院を転々とし、日本トップクラスのリハビリセンターでのトレーニングの後、21歳で大学に復学、プログラミングを習得。また、京都のまちづくり団体で理事を務め、様々なイベントを手掛ける。[1]
1997年、24歳、在学中に個人事業にてワン・トゥー・テン・デザインを創業。
2001年3月、京都工芸繊維大学卒業。ワン・トゥー・テン・デザインを法人化。
2012年にワン・トゥー・テン・ホールディングスを設立、広告クリエイティブのみならずIoTやロボティクス、空間演出等、活動の領域を広げる。
2015年、日本財団パラリンピックサポートセンター開設にあたり、オフィスデザインやスローガン 「i enjoy!」作成などの総合クリエイティブディレクターを務めた。香取慎吾がセンター内に壁画を作成。
2016年、リオ2016パラリンピック閉会式フラッグハンドオーバーセレモニーのコンセプト「POSITIVE SWITCH」[2]を佐々木宏氏と発案。WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016にて、次世代を作るイノヴェイター100人の一人に選ばれる。公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アドバイザーに就任。
2017年、パラスポーツの普及を推進するために、車いすロードレースを疑似体験できるVRレーサー「CYBER WHEEL(サイバーウィル)」を発表。マルチタレントの中川翔子[3]が最初の体験者。これまでに小池都知事や30000人以上の体験者がいる。8月には、「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」を発表。エンターテイメントの力を使ってパラスポーツのボッチャを資金援助する仕組みを整えた。

主な役職[編集]

  • 株式会社ワントゥーテン 代表取締役社長
  • 株式会社ワントゥーテンイマジン 代表取締役社長
  • 1-10HOLDINGS INTL PTE. LTD. CEO
  • 翼狮(上海) 营销策划有限公司 董事長
  • 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アドバイザー
  • 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 東京2020大会入賞メダルデザインコンペティション審査会メンバー
  • 公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター 顧問
  • 一般社団法人超人スポーツ協会 理事
  • 一般社団法人日本ボッチャ協会 理事
  • 身体性メディアコンソーシアム 会員
  • 文部科学省 ユニバーサル未来社会推進協議会 会員
  • グロービスG1 ファンデーションメンバー

メディア出演[編集]

登壇[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]