滋賀県立びわ湖フローティングスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
「うみのこ」 - 大津港
航海中の様子 - 沖島(背景は箱館山

滋賀県立びわ湖フローティングスクール(しがけんりつびわこフローティングスクール)は、滋賀県在住の小学5年生などを対象にした学習船「うみのこ」を運営する県の機関。事業主体は滋賀県教育委員会

概要[編集]

滋賀県内の全ての小学5年生を対象に学習船「うみのこ」(湖の子)に乗船・航海し、宿泊をともなう教育を実施している。郷土への理解や対人・協調関係を養う「ふれあい体験学習」のほか、琵琶湖を教育の場所としていることから、同湖の環境を主なテーマとした「びわ湖環境学習」を行っている。なお、複数の学校が同時に乗船・航海し、他校の児童と混合したグループ分けを行った上で体験学習を行う。このほか、「琵琶湖・淀川流域小学生交流航海」として、他府県の小学生を含めた航海を行うこともある。運営はびわ湖フローティングスクールのスタッフのほか、「湖の子」サポーターや食育「湖の子」守り隊など、市民ボランティアが組織され支援を行っている。

2012年(平成24年)には、内閣総理大臣賞である第5回海洋立国推進功労者表彰を受賞した[1]。受賞理由は「青少年の健全な育成及び琵琶湖の環境保全を目的として、1983年から琵琶湖上において、学習船「うみのこ」(総トン数928トン)による、滋賀県内の全小学5年生を対象に、船ならではの宿泊体験学習を実施。地方自治体自らが船を所有し、船の教育的機能を小学校の教育課程に明確に位置付け、学校教育の一環として船内での湖上宿泊体験学習を実施していることは全国に類を見ない教育活動として注目されている。」とされた。

普段は小学生向けの学習船として運航されているが、びわ湖フローティングスクールの理解などを目的として一般向けの航海を実施することがある[2]

沿革[編集]

学習船「うみのこ」[編集]

うみのこ
基本情報
船種 旅客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 滋賀県
運用者 滋賀県教育委員会(琵琶湖汽船が受託)
建造所 日立造船神奈川工場(第4739番船)
杢兵衛造船所(組立)
母港 大津港
航行区域 平水
船級 JG(第二種船)
IMO番号 8948636
経歴
起工 1983年2月8日
進水 1983年7月5日
竣工 1983年7月30日
就航 1983年8月2日
運航終了 2018年3月(予定)
現況 就航中
要目
総トン数 928 トン
載貨重量 145.64 トン
排水量 592 トン(満載)
全長 65.00 m
垂線間長 60.00 m
型幅 12.00 m
型深さ 3.30 m
満載喫水 0.98 m
機関方式 ディーゼル
主機関 ヤンマー 6HAK-HTI 4基
推進器 3翼4軸
最大出力 920 PS(連続)
定格出力 780 PS(常用)
最大速力 10.157 ノット
航海速力 9.7 ノット
航続距離 509海里
旅客定員 134名または児童254名
210名または児童406名(24時間未満)
乗組員 11名
テンプレートを表示

船内の旅客施設は、主たる利用者である小学5年生を基準としたサイズで設置されている。各室定員20名の宿泊室(大部屋)、学習室、食堂(定員110名)、会議室、見学室など船内設備のほか、カッターボートを搭載。また、バリアフリー設備として車椅子用の搭乗リフターやエレベーターが設置されている。船舶の運航業務は琵琶湖汽船が受託している。

当船は就航25年を経過した事を理由として船舶の代替が検討され、そのための基金[5]および、ふるさと納税を活用した寄付のための条例[6][7]がそれぞれ設けられた。

  • 船舶要目
1983年8月就航。928総トン、全長65メートル、幅12メートル、航海速力8 - 9ノット
旅客定員(児童)240名。日立造船神奈川工場建造、杢兵衛造船所(大津市今堅田)にて組立。
琵琶湖総合開発特別措置法による開発に対応するため、満載喫水は1mとなっている。

所在地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内閣総理大臣賞 - 国土交通省
  2. ^ 県政今の動き 第11489号 - 滋賀報知新聞(2005年6月9日付) ※「一般県民対象の学習船「うみのこ」見学会の参加者募集」を参照。
  3. ^ a b 琵琶湖の新学習船「うみのこ」進水 5月就航へ - 京都新聞(2017年12月29日付、2018年1月26日閲覧)
  4. ^ 初代「うみのこ」お別れ見学会および引退セレモニー - びわ湖フローティングスクール(2018年1月26日閲覧)
  5. ^ 自然や社会に学ぶ体験活動の充実(教育委員会の予算>平成20年度主要事業の概要) - 滋賀県
  6. ^ マザーレイク滋賀応援寄附条例 - 滋賀県
  7. ^ 環境学習船「うみのこ」新造にも 滋賀県、ふるさと納税へ新条例 - 京都新聞(2008年8月12日付)
  8. ^ 大津港施設平面図 - 滋賀県大津土木事務所(2008年6月30日現在)

参考文献[編集]

  • 「新造船写真集(No.420)」、『船の科学』第38巻第10号、船舶技術協会、1983年10月10日ISSN 0387-0863NDLJP:32318592016年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]