満漢全席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
満漢全席
Manchu Han Imperial Feast Tao Heung Museum of Food Culture.jpg
稲郷飲食文化博物館にて
満漢全席の模擬展示。
左から猩唇猿脳
中国語
繁体字 滿漢全席
簡体字 满汉全席
ベトナム語
クオック・グー Mãn Hán Toàn Tịch

満漢全席(まんかんぜんせき、中国語繁体字滿漢全席簡体字满汉全席拼音: Mǎn-Hàn quánxí、マンハンチュエンシー)とは朝の乾隆帝の時代から始まった満州族の料理と漢族料理のうち、山東料理の中から選りすぐったメニューを取りそろえて宴席に出す宴会様式である。後に、広東料理など漢族の他の地方料理も加えるようになり、西太后の時代になるとさらに洗練されたものとなった。盛大な宴の例では途中で出し物を見たりしながら、数日間かけて100種類を越える料理を順に食べる場合もあったと言われる。しかし、清朝が滅亡するとこのような贅を尽くすことはなくなり、宮廷内の料理人は四散して料理の伝統が途絶えたとされる。

満漢全席の中でも一部の料理については宮廷内の料理人が伝え一般的になっているものもあるが、現在、中華料理店で出される満漢全席といわれるものの多くは宮廷と無縁の料理人が資料に基づいて、あるいは想像を膨らませて調理したものが多いとされる。

2002年NHKがBSまるごと大全集「中国四千年の奥義 完全復元満漢全席」で「揚州画舫録」に記載されていた66品と「孔府档案」に記載されていた28品を杭州商学院・趙栄光教授の監修のもとで復元していた。

2006年4月、サントリーフーズペットボトル入りの烏龍茶海洋堂製作の満漢全席をモチーフにしたフィギュア全13種類を付けて販売するキャンペーンを行った。

32珍[編集]

満漢全席には山・陸・海などから珍味を8品ずつ集めて「32珍」と定義したものがある。

以下はその一部である(括弧内は繁体字)。

関連項目[編集]