温山荘園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主屋「温山荘」

琴ノ浦 温山荘園(ことのうら おんざんそうえん)は、和歌山県海南市にある日本庭園。国の名勝

概要[編集]

大正初期から昭和初期にかけて、武者小路千家家元名代の木津宗泉により作庭された潮入式池泉回遊庭園である。ニッタ創業者である新田長次郎別荘庭園として作られたもので、面積は59,400平方メートルで日本全国で17位、個人庭園としては日本最大である。名称は新田の雅号である温山より帝国海軍元帥東郷平八郎が命名した。紀州の名園として名高く皇族らがしばしば来訪し、随行した桂太郎清浦奎吾、東郷平八郎、秋山好古らの扁額が主屋「温山荘」に掲げられている。

から水を引くことで潮の干満に応じて水位が上下するという汐入りの池が主屋を中心に、3つ配され、その周囲に茶室や座敷が点在する。園内にあるトンネルを抜けると黒江湾を望むことができる。

文化財[編集]

茶室

名勝(国指定)[編集]

  • 琴ノ浦温山荘庭園

重要文化財建造物[編集]

琴ノ浦温山荘 3棟

(以下は重要文化財の附(つけたり)指定)

  • 伴待部屋 - 木造平屋建、銅板葺、1916年築
  • 正門 - RC造1929年
  • 北冠木門 - 木造、茅葺及び銅板葺、1916年頃築
  • 西冠木門 - 木造、銅板葺、1916年頃築
  • 中門 - 木造、銅板葺、1916年頃築
  • 南冠木門 - 木造、銅板葺、1916年頃築

利用情報[編集]

所在地[編集]

〒642-0001 和歌山県海南市船尾370

交通アクセス[編集]

  • JR きのくに線 海南駅から和歌山バス「和歌山駅」行き、「和歌山市駅前」行き、「マリーナシティー」行きいずれかに乗車6分、「琴ノ浦」下車、徒歩すぐ
  • JRきのくに線 JR海南駅から周遊バス・Bコースで8分「温山荘園」下車、徒歩すぐ
  • JR和歌山駅から、和歌山バス紀三井寺線「海南藤白浜」行き、「海南日限下」行き、「マリーナシティー」行き(いずれも新手平経由)いずれかに行き乗車、「琴ノ浦」下車、徒歩すぐ
  • 南海和歌山市駅から、和歌山バス紀三井寺線「海南藤白浜」行き、「海南日限下」行き、「マリーナシティー」行き(いずれもぶらくり丁経由)いずれかに行き乗車、または和歌山市内線「海南藤白浜」行き、「海南日限下」行き(いずれも本町二丁目経由)いずれかに乗車、「琴ノ浦」下車、徒歩すぐ

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度9分29.32秒 東経135度11分40.18秒 / 北緯34.1581444度 東経135.1944944度 / 34.1581444; 135.1944944