渡邊洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 洋子(わたなべ ようこ、1959年 - )は、日本の教育学者社会学者新潟大学創生学部教授群馬県出身。

生涯教育学、社会教育史、ジェンダー論を専門とする。

略歴[編集]

1959年、群馬県生まれ。東京学芸大学卒業、お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科単位取得満期退学後、日本学術振興会特別研究員、お茶の水女子大学人間文化研究科助手、法政大学神奈川大学明治大学等の非常勤講師、新潟中央短期大学幼児教育科助教授、京都大学大学院教育研究科准教授を経て現職。

2007年、『女性専門職教育の源流:吉岡彌生の「女医」養成論の生涯教育学的研究』によって京都大学から博士(教育学)を取得した[1]

研究[編集]

現在は、以下のような研究を行っている[2]

生涯学習社会教育成人教育)の文脈での「学ぶこと」と「教えること」の関係性、そこでの「教育」の意味や「教育者」の役割に関心がある。
イギリスの成人教育者(学習援助者)養成の経緯とその理論的基盤に関する研究。
②日本的「学びの文化」土壌(伝承・習い事や職人文化、地域住民と学校等)と国際比較。
③戦前・戦後の専門職女性・働く女性にとっての学習・教育の意味に関する実証的・思想的研究。
④日英の専門職(特に医学教育従事者)の養成・研修に関わる研究。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『満洲「大陸の花嫁」はどうつくられたか』(共同執筆) (明石書店、1996年)
  • 『近代日本女子社会教育成立史―処女会の全国組織と指導思想』 (明石書店、1997年)
  • 『生涯学習時代の成人教育学―学習者支援へのアドヴォカシー』 (明石書店、2002年)

共編著[編集]

  • 相庭和彦共編『日中韓の生涯学習:伝統文化の効用と歴史認識の共有』 (明石書店、2013年)
  • 前平泰志監修『生涯学習概論:知識基盤社会で学ぶ・学びを支える (講座・図書館情報学) 』 (ミネルヴァ書房、2014年)

翻訳[編集]

  • マルカム・S・ノールズ『学習者と教育者のための自己主導型学習ガイド:ともに創る学習のすすめ』 (明石書店、2011年)

出典[編集]