渡邉英徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邉 英徳(わたなべ ひでのり、1974年9月8日 - )は、日本工学者。専門は情報デザイン東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授。日本新聞協会賞等受賞。

人物・経歴[編集]

大分県佐伯市出身[1]大分県立佐伯鶴城高等学校を経て[2]、1997年東京理科大学理工学部建築学科卒業、卒業設計賞受賞。1999年東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。2013年筑波大学大学院システム情報工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)[3][4][5]

フォトン代表取締役社長、デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部客員教授[6]首都大学東京システムデザイン学部准教授京都大学地域研究統合情報センター客員准教授ハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所客員研究員などを経て、2018年東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授[4][3]。専門は情報デザイン[7]

作品[編集]

  • Tuvalu Visualization Project(2009)[8]
  • ナガサキ・アーカイブ(2010)[9]
  • ヒロシマ・アーカイブ(2011)[10]
  • 沖縄平和学習アーカイブ(2012)
  • 東日本大震災アーカイブ(2013)[11]
  • 台風リアルタイム・ウォッチャー(2014)[12]
  • 沖縄戦デジタルアーカイブ(2015)[13]
  • 忘れない:震災犠牲者の行動記録(2016)[14]
  • パールハーバー・アーカイブ(2016)[15][16]
  • 「記憶の解凍」(2018)[17]

著書[編集]

受賞・栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 渡邉 英徳さん (株)フォトン 代表取締役社長Eto Seishiro
  3. ^ a b 「渡邉英徳」researchmap
  4. ^ a b 教員 Faculty 東京大学大学院 情報学環・学際情報学府
  5. ^ 「 渡邉 英徳(わたなべ ひでのり) 」
  6. ^ 2008年のパブリシティ|デジタルハリウッド株式会社”. www.dhw.co.jp. 2020年3月12日閲覧。
  7. ^ 被爆前、カラーで身近に 高校生が写真にAI活用産経ニュース2018.5.29 10:27 更新 sty1805290004
  8. ^ Tuvalu Visualization Project
  9. ^ ナガサキ・アーカイブ
  10. ^ ヒロシマ・アーカイブ
  11. ^ 東日本大震災アーカイブ
  12. ^ 台風リアルタイム・ウォッチャー
  13. ^ 沖縄戦デジタルアーカイブ
  14. ^ 忘れない:震災犠牲者の行動記録
  15. ^ The Pearl Harbor Archive
  16. ^ 「パールハーバー・アーカイブ」が公開”. カレントアウェアネス・ポータル. 2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 広テレ新社屋完成記念展示会『記憶の解凍 〜カラー化写真で時を刻み、息づきはじめるヒロシマ〜』 広島テレビ
  18. ^ Tuvalu Visualization Project文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品
  19. ^ Nagasaki Archive文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品
  20. ^ 東日本大震災アーカイブグッドデザイン賞
  21. ^ The East Japan Earthquake ArchiveARS ELECTRONICA
  22. ^ 第5回日本平和学会平和賞・平和研究奨励賞受賞者日本平和学会
  23. ^ 沖縄戦デジタルアーカイブ〜戦世からぬ伝言〜文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品
  24. ^ ジャーナリズム・イノベーション・アワード日本ジャーナリスト教育センター
  25. ^ 岩手日報社と渡邉英徳研究室が共同で制作した「震災犠牲者の行動記録」を含む「命の軌跡~東日本大震災5年一連の報道」が日本新聞協会賞に選ばれました首都大学東京