渡辺義介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡辺 義介(わたなべ ぎすけ、1888年4月12日 - 1956年1月6日)は、日本の経営者日本製鐵八幡製鐵(現・新日鐵住金社長

経歴[編集]

新潟県出身。1915年東京帝国大学法科大学経済学科卒。同年高等文官試験(行政科)に合格[1]農商務省に入る[1]。官営八幡製鉄所に勤務を経て、商工省に戻り、鉱山局鉱政課長を歴任する[2]

1934年に日本製鉄が発足すると八幡製鉄所に戻り、所長となった[2]。その後、1942年には北支那製鉄社長に就任、鉄鋼統制会理事長も務めた[2]1945年、日本製鉄社長となり[2]、鉄鋼統制会会長に就任した[2]

戦後、公職追放となり[2]、追放解除後の1952年もく星号墜落事故で死去した三鬼隆の後任の八幡製鉄社長に就任し、日本鉄鋼連盟会長にもなった[2]。このほか経団連副会長も務めた[2]。1956年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』208頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『歴史が眠る多磨霊園』渡邊義介

参考文献[編集]