清水良雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水良雄(しみずよしお、1891年8月4日 - 1954年1月29日)は洋画家童画家。

東京都文京区本郷に生まれた。旧制京華中学校(現・京華高等学校)卒業。東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科卒業。黒田清輝藤島武二に師事する。在学中に文部省美術展覧会に入選。戦時中に広島県芦品郡戸手村(現・福山市)に疎開。終戦後も東京へは戻らず広島で没した。

大正の初め頃から挿絵を描く。鈴木三重吉が1918年(大正7年)7月に創刊した童話雑誌『赤い鳥』の挿絵を創刊号から描いた。特に表紙の絵は全196冊のうち163冊を描き、同誌のイメージを視覚的に広めるという大きな役割を果たした[1]。この他、児童雑誌『コドモノクニ』でも多くの作品を見ることができる。

友人に京華中学校の同級生で日本美術研究家の丸尾彰三郎がいた。

脚注[編集]

関連項目[編集]